ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出

ゲッティイメージズ
ティーム(4月)
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は20日に男子シングルス予選1回戦が行われ、今季での引退を表明している予選第11シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク228位のF・アガメノーネ(イタリア)を3-6, 6-3, 6-2の逆転で破り予選2回戦進出を果たすとともに、自身最後の全仏オープンで本戦入りに一歩前進した。

>>【コメント全文】元世界3位ティーム 今季で引退<<

>>島袋 将 全仏OP予選1回戦 1ポイント速報<<

今大会の予選は20日~24日の5日間で行われ、3試合に勝利すると26日に開幕する本戦に出場することができる。

30歳で現在世界ランク131位のティームはツアー17勝をあげており、2020年には全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制覇。

さらに全仏オープンでは2度、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では1度の準優勝も経験しており、世界ランキングは最高3位を記録している。

そのティームは今月10日に今季での引退を表明。自身最後の出場となる全仏オープンには予選から出場することとなった。

予選にも関わらず多くの観客が集まったこの試合の第1セット、両者1度ずつブレークを奪い合い迎えた第6ゲームでティームは2度目のブレークを許し先行される。

それでも続く第2セット、ティームはファーストサービス時に92パーセントの確率でポイントを獲得し相手に1度もブレークポイントを与えず、リターンゲームでは第6ゲームでブレークに成功し1セットオールに追いつく。

ファイナルセット、勢いに乗ったティームは序盤で2度のブレークを奪い3ゲームを連取する。その後1度はブレークを返されたものの、第5ゲームで3度目のブレークを果たし逆転でフルセットの熱戦を制した。

勝利したティームは予選2回戦で世界ランク156位のO・ヴィルタネン(フィンランド)と対戦する。ヴィルタネンは予選1回戦で同237位のD・スウィーニー(オーストラリア)を下しての勝ち上がり。


【ディアドラ】普段使いにも取り入れたいスポーツウエア
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・まさかのミスに審判も爆笑
・綿貫 陽介が全仏OP欠場
・2大会連続準V「何度負けても…」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年5月20日21時10分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)