完勝ナダル 全豪OP単70勝達成

ゲッティイメージズ
初戦突破を果たしたナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は17日、男子シングルス1回戦が行われ、第6シードのR・ナダル(スペイン)が世界ランク66位のM・ギロン(アメリカ)を6-1,6-4,6-2のストレートで破って6年連続16度目の初戦突破を果たすとともに、同大会シングルスで70勝目をあげた。

>>ナダル、マレーら全豪OP組み合わせ<<

>>大坂 2回戦 1ポイント速報<<

前哨戦のメルボルン・サマーセット(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)で優勝を飾っていたナダルは、好調を維持しこの日も躍動。強烈なフォアハンドウィナーを放つなどでギロンを圧倒し、5度のブレークを奪い試合の主導権を握った。サービスゲームではファーストサービスが入ったときに84パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度もブレークを許すことなく1時間49分で完勝した。

2009年以来13年ぶり2度目の全豪オープン制覇を狙うナダルは、2回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク145位のT・コキナキス(オーストラリア)と予選から出場している同126位のY・ハンフマン(ドイツ)のどちらかと対戦する。

同日には第7シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第14シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第17シードのG・モンフィス(フランス)、第28シードのK・ハチャノフ(ロシア)らが初戦突破を決めた。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・ジョコ 全豪OP欠場が決定
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及
・錦織 大坂の会見拒否に言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月17日15時13分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)