快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ

ゲッティイメージズ
全米オープンでのツォンガ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのモゼール・オープン(フランス/メッツ、室内ハード、ATP250)は19日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク61位のJW・ツォンガ(フランス)が同55位のPH・エルベール(フランス)を6-3, 6-4のストレートで破り、2015年以来4年ぶり7度目のベスト8進出を果たした。

>>大坂ら東レ対戦表<<

>>大坂vsプチンセワ 1ポイント速報<<

この試合、ツォンガは8本のサービスエースを決めるなど、ファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得。過去3勝0敗と相性の良いエルベールにブレークを許すことなく、1時間28分で勝利した。

2011・2012・2015年の同大会覇者である34歳のツォンガは、4強入りをかけて、準々決勝で第2シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)と対戦する。両者は2度目の顔合わせで1勝1敗。バシラシヴィリは2回戦で予選勝者で世界ランク129位のY・マデン(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのL・プイユ(フランス)らが8強入り。第1シードのD・ゴファン(ベルギー)、昨年王者で第7シードのG・シモン(フランス)らは姿を消した。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)~22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー、ナダルを称賛
・プリスコバ 最終戦出場権を獲得
・錦織8位 9/16最終戦ランク

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年9月20日16時57分)
その他のニュース