ヒューイットが寄付呼びかけ

ゲッティイメージズ
元1位のヒューイット(画像はデ杯時)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで元世界ランク1位、現在国別対抗戦デビスカップのオーストラリア代表監督を務めるL・ヒューイット(オーストラリア)は13日、ハリケーン「ドリアン」が直撃し、甚大な被害を受けているバハマへの寄付を自身のインスタグラムで呼びかけた。

バハマに拠点を置くヒューイットは「7年間バハマに住む者として、ハリケーン ドリアンによって引き起こされたこの惨状にとても胸が痛む。7万人が避難し、アバコ(島)だけで1万3千軒の家屋が倒壊した。寄付による援助をお願いしたい」と投稿。

11日には大坂なおみが自身のツイッターで、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で受賞したスポーツマンシップ賞による寄付先を指定できる5,000ドル(約53万円)を、ハリケーン「ドリアン」が直撃したバハマへ寄付することを明かし、「バハマの復興のために赤十字へ寄付します」と綴っていた。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)~22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>



■関連ニュース

・ヒューイット 新デ杯を批判
・大坂 コーチ関係解消を発表
・大坂 バハマへ5000ドル寄付

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年9月14日10時14分)
その他のニュース