快進撃、二宮真琴が複で4強

tennis365.net
ウィンブルドン2017
画像提供:tennis365.net

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は12日、女子ダブルス準々決勝が行われ、二宮真琴/ R・ボラチョーバ(チェコ共和国)組がS・クズネツォワ(ロシア)/ K・ムラデノヴィック(フランス)組を6-4, 6-4のストレートで下し、日本人女子で2013年の青山修子以来となるベスト4進出を果たした。

>>ウィンブルドン対戦表<<

この日、二宮/ ボラチョーバ組は1度もプレークポイントを与えず第1セットを先取。続く第2セットも息の合ったプレーで第9ゲームでブレークに成功すると、リードを死守して勝利を手にした。

準決勝では、第9シードのチャン・ハオチン(中国)/ M・ニクルスク(ルーマニア)組と対戦する。

一方、クズネツォワは2005・2012年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、ムラデノヴィックは2016年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)のダブルスで優勝していた。






■関連ニュース■ 

・観客が突然悲鳴 後味悪く終了
・ジョコ ナダル戦は最高のドラマ
・史上23人目 初の世界1位確定

(2017年7月12日23時33分)
その他のニュース