ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊

ゲッティイメージズ
コルダがへし折ったラケット
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は22日にシングルス準決勝が行われ、世界ランク23位のS・コルダ(アメリカ)は第5シードのT・ポール(アメリカ)に4-6, 6-7 (2-7)のストレートで敗れ、2週連続の決勝進出を逃した。この試合の第2セットでコルダはラケットを真っ二つに破壊した。

>>【動画】ラケット真っ二つに!コルダ怒りのラケット破壊!<<

>>シンチ・チャンピオンシップス組合せ<<

23歳のコルダは前週のリベマ・オープン(オランダ/スヘルトーヘンボス、芝、ATP250)で準優勝。好調を維持して迎えた今大会は1回戦で世界ランク22位のK・ハチャノフ、2回戦で第3シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、準々決勝で同98位のR・ヒジカタ(オーストラリア)を下し2週連続で4強入りした。

世界ランク13位のポールとの顔合わせとなった準決勝の第1セット、両者1度ずつブレークを奪い合い迎えた第10ゲームでコルダはこのセット2度目のブレークを奪われ先行される。

続く第2セット、コルダは第2ゲームで先にブレークを許し劣勢に。第7ゲームではボレーを大きくアウトするミスを犯し、フラストレーションからラケットを脚でへし折った。その後、第9ゲームで何とかブレークを返したコルダだったが、最後はタイブレークの末に力尽き、準決勝敗退となった。

勝利したポールは決勝で世界ランク30位のL・ムセッティ(イタリア)と対戦する。ムセッティは準決勝で同43位のJ・トンプソン(オーストラリア)を下しての勝ち上がり。


【ニューエラ】最新テニスキャップ・Tシャツ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・世界1位のまま引退した28歳がプレーへ
・大坂 なおみ、キリオスと混合複出場
・新王者 また異次元ショット「非現実的」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月23日17時39分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース