- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP > 特集 > AIGジャパンオープン2007特集
AIGオープンテニス2007
  • 2007年大会の見所
  • 2007年大会を振り返って

AIGオープン2007年大会の見所

レイトン・ヒューイット
錦織圭
ダビッド・フェレール
リシャール・ガスケ
ヒューイット/錦織/フェレール/ガスケ

王者ロジャー・フェデラーの初来日・初優勝に沸いた2006年大会から1年。欠場のためフェデラーの連覇達成は無くなったが、たくさんの話題の選手が今年もAIGオープンを盛り上げてくれる。

今大会には元王者で同大会2001年覇者のレイトン・ヒューイットが3年ぶりに参戦する。今季からフェデラーの元コーチであるトニー・ローチ氏に師事し始めたヒューイットは、再び世界のトップを目指して、馴染みのある日本での再起にかける。

そして、今年のグランドスラムで好成績を残した2選手も登場。先日のUSオープンでラファエル・ナダルを破ってベスト4に進出したダビッド・フェレールと、ウィンブルドンでアンディ・ロディックを倒してベスト4に進んだリシャール・ガスケが、それぞれ優勝を目指す。

また、日本男子テニス界のホープとして注目を集める17歳の錦織圭も、ワイルドカードを得て国内大会に初参戦する。錦織は今季、ジュニアのトップ選手が集うルキシロン・カップで優勝し、夏のATPツアーでもベスト8に進出するなど、既に大器の片鱗を見せ始めており、今大会でも上位進出が期待される。

日本勢では、怪我から復活した鈴木貴男、今年全豪オープンで四大大会本選初出場を決めた若手トップの添田豪、ダブルススペシャリストの岩渕聡ら国内トップ選手が、地元勢として海外選手に挑戦する。

その他、トマス・ベルディフ、ドミトリー・ツルスノフら実力派が登場する。


ヴィーナス・ウィリアムズ
杉山愛
アグネス・サバイ
マリア・キリレンコ
ウィリアムズ/杉山/サバイ/キリレンコ

女子では、今年ウィンブルドンで4回目の優勝を果たしたヴィーナス・ウィリアムズが初出場する。日本でのプレーは2004年の東レPPO以来2度目のこと。

ヴィーナスのほかにも、この夏に急成長を遂げたアグネス・サバイや、同じくこの夏好調だった2005年大会ベスト4のマリア・キリレンコとサニア・ミルザも登場する。

日本勢では、過去2度の優勝を果たしている杉山愛を中心に、今季ツアー初優勝を遂げた森上亜希子、今季トップ50入りを果たした昨年ファイナリストの中村藍子、ウィンブルドンで四大大会本選初出場を果たした17歳の森田あゆみが出場する。

男子はATPツアーのインターナショナル・シリーズ・ゴールド、女子はWTAツアーのティア3となっているが、ともに見所満載の高レベルな試合が展開されることに期待したい。

AIGオープン2007年大会を振り返って

リシャール・ガスケ/ダビッド・フェレール
優勝のフェレール(右)と準優勝のガスケ(左)

AIG OPEN大会直前にディフェンディング・チャンピオンのロジャー・フェデラーが疲労のために欠場するというニュースが飛び込んできた今大会だったが、今季四大大会ベスト4のダビッド・フェレールやリシャール・ガスケ、女子ではウィンブルドン女王のヴィーナス・ウィリアムズが参戦し、見所のある大会となった。

男子決勝では、フェデラーに代わってトップシードに入ったフェレールが、インド・ムンバイの大会に続く2週連続のツアー優勝を狙うガスケを下し、スペイン人としては1975年のマヌエル・オランテス以来となるジャパン・オープン制覇を果たした。
フェレールは、「これは特別なタイトルだよ。今年の年初のオークランドに続くハードコート2勝目だし、東京の大会はビッグだからね。今日のリシャールは少し疲れていて、いつものような良いプレーが出来ていなかった。オランテス以来のスペイン人チャンピオンということだけど、素晴らしいよ。随分久しぶりだね。偉大なテニス選手らの次に、トロフィーに名前が刻まれるのは見ていて嬉しいよ。」
ガスケは、「先週の優勝の後、少し疲れていたけど、(フェレールの)プレーが素晴らしくて、僕にチャンスを与えてくれなかった。序盤がとても重要だということは分かっていたけど、彼がすぐさま僕のゲームをブレークして、難しい状況になってしまった。」とコメント。


ビルジニー・ラッツァーノ/ヴィーナス・ウィリアムズ
優勝したラッツァーノと準優勝のウィリアムズ

女子決勝では、ともに前週にツアー優勝を飾り、9連勝で決勝まで進んできたヴィーナスとビルジニー・ラッツァーノが激突。フルセットに及ぶ熱戦となったが、軍配は3本のマッチポイントをしのいだラッツァーノに上がった。
ツアー初優勝をおさめた中国・広州の大会に続く2週連続優勝を飾ったラッツァーノは、「毎ポイント、毎ゲームでベストを尽くそうとした。マッチポイントを握られたときは厳しかったけど、集中して最高のプレーが出来た。シンプルに、そして積極的にプレーして、挽回できて本当に嬉しい。」と喜びを表した。
今季4勝目を逃したヴィーナスは、「彼女はあのポイントで本当に良いプレーをしたわ。ボールを返し続けて、それこそマッチポイントではいつも大事な対処法なの。素晴らしいテニスだったわ。」と、ラッツァーノを賞賛した。
これで、女子シングルスは昨年のマリオン・バルトリに続いて、フランス勢の2年連続優勝となった。


錦織圭
初戦敗退に終わった17歳の錦織圭

日本勢は、シングルスで男子5選手、女子5選手の全員が1回戦敗退に終わった。ダブルスでは中村藍子/タマリン・タナスガーン組、米村明子/ソフィー・ファーガソン組がベスト4に進んだのが最高で、鈴木貴男/ベンジャミン・ベッカー組がベスト8に進出した。杉山愛/森田あゆみ組は、1回戦で第1シードのヴァニア・キング/チャン・ユンジャン組に敗れた。

また、今大会前にプロ宣言をした注目の17歳、錦織圭は単複ともに初戦敗退に終わったが、試合を通してポテンシャルの高さを見せ付けた。

添田豪インタビュー

先日行われた男子国別対抗戦デビスカップ・プレーオフに日本代表として出場し、今回のAIGオープンにも主催者推薦枠として出場する添田豪選手に、デ杯のこと、AIGオープンのことを語っていただきました。

添田豪

先日のデビスカップ・プレーオフ敗退は悔しかったですけど、国を背負って戦うことはなかなか無い経験ですし、今回味わった緊張感を今後の試合にも活かしていけると思います。

日本国内で試合をする機会もあまり無いので、今度のAIGオープンでは思い切り目立ってやろうと思っています。まだ1回戦を突破したことが無いので、ぜひ勝ちたいというのと、例えフェデラーと当ったとしても、負けるつもりで試合に出る選手はいないと思うので、勝つつもりで臨みます。

いつも会場で応援して下さる方や、ブログを読んで下さっている方のためにも、頑張りたいと思ってます。応援宜しくお願いいたします!

アーカイブ

AIGオープン 2007 公式サイト
ページの先頭へ

AIGジャパン・オープン ニュース

女子テニスのMUSC・ヘルス・ウィメンズ・オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、WTA250)は14日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク88位の日比野菜緒が同151位のF・ディ ロレンゾ(ア... ― 【続き

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのR・ナダルが世界ランク87位のF・デルボニスを6-... ― 【続き

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチが世界ランク22位のJ・シナーを6... ― 【続き

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第3シードのR・ナダルが世界ランク87位のF・デルボニスを6-... ― 【続き

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチが世界ランク22位のJ・シナーを6... ― 【続き

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第6シードのA・ルブレフが予選勝者で世界ランク89位のS・カル... ― 【続き

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は13日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク22位のJ・シナーが同46位のA・ラモス=ヴィノラス... ― 【続き

女子テニスのMUSC・ヘルス・ウィメンズ・オープン(アメリカ/チャールストン、レッドクレー、WTA250)は13日、15歳で世界ランク499位のL・フルビルトバ(チェコ)と第4シードのA・コルネのシン... ― 【続き

女子テニスのMUSC・ヘルス・ウィメンズ・オープン(アメリカ/チャールストン、レッドクレー、WTA250)は13日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク135位のM・オソリオ セラーノが第2シードのM... ― 【続き

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は13日、シングルス2回戦が行われ、第8シードのM・ベレッティーニは世界ランク58位のA・ダビドビ... ― 【続き

ページの先頭へ

AIGジャパンオープンテニス注目選手紹介

ダビッド・フェレール
Name:David Ferrer
Country:Spain
Height/Weight:177/72
Ranking:8
Seed:-
5年ぶり2度目の出場。前回出場の2002年には初戦敗退に終わっていた。今年はUSオープンでR・ナダルを破って、ベスト4に進出するなど好調となっている。
 
レイトン・ヒューイット
Name:Lleyton Hewitt
Country:Australia
Height/Weight:180/68
Ranking:21
Seed:-
3年ぶり4度目の出場。初出場の2001年には優勝を飾っている。今年はフェデラーの元コーチのT・ローチ氏に師事するなど、トップ復帰に向けて奮起している。
トマス・ベルディフ
Name:Tomas Berdych
Country:Czech Republic
Height/Weight:193/89
Ranking:10
Seed:-
4年ぶり2度目の出場。前回出場した2003年には初戦敗退に終わっている。今年はランキングを自己最高の9位に上昇させるなど、ツアー上位進出の常連となってきた。
 
トミー・ハース
Name:Tommy Haas
Country:Germany
Height/Weight:187/88
Ranking:11
Seed:-
今大会が初出場。今年は全豪でベスト4に進出し、その後は怪我に見舞われつつも、ツアー優勝1回、全米ベスト8などで5年ぶりのトップ10復帰を果たした。
ミハイル・ヨージニ
Name:Youzhny
Country:Russia
Height/Weight:182/69
Ranking:17
Seed:-
2年ぶり3度目の出場。過去2大会とも初戦敗退となっている。今年はツアー優勝1回、準優勝2回を数え、ランキングも自己最高の10位に上げるなど好調となっている。
 
ドミトリー・ツルスノフ
Name:Dmitry Tursunov
Country:Russia
Height/Weight:185/76
Ranking:29
Seed:-
3年連続3度目の出場。昨年は3回戦でイ・ヒュンタクに敗れた。今年は1度のツアー優勝を収めているが、最後に出場したUSオープンまでで3大会連続初戦敗退している。
リシャール・ガスケ
Name:Richard Gasquet
Country:France
Height/Weight:182/75
Ranking:14
Seed:-
今大会が初出場。今年はウィンブルドンで自身初の四大大会ベスト4に進み、ランキングを自己最高の7位まで上昇させた。今大会で今季初優勝を狙う。
 
イ・ヒュンタク
Name:Hyung-Taik Lee
Country:Korea
Height/Weight:180/81
Ranking:39
Seed:-
2年連続6度目の出場。昨年は自己最高のベスト4まで勝ち進んだ。今年は全英以降で好調を維持し、31歳にしてランキングを自己最高の36位に上昇させている。
アグネス・サバイ
Name:Agnes Szavay
Country:Hungary
Height/Weight:171/63
Ranking:20
Seed:-
今大会が初出場。今年はツアー初優勝を含む2勝を果たし、全米でベスト8に進出するなど、ランキングを昨年末の207位から自己最高の20位まで急上昇させている。
 
サニア・ミルザ
Name:Sania Mirza
Country:India
Height/Weight:153/59
Ranking:28
Seed:-
2年ぶり2度目の出場。前回はベスト4まで勝ち進んだ。好スタートを切った今シーズンは、中盤で一度調子を落としたものの、夏以降で再び好成績を残している。
マリア・キリレンコ
Name:Maria Kirilenko
Country:Rusia
Height/Weight:173/58
Ranking:29
Seed:-
3年連続5度目の出場。昨年は森上亜希子に初戦で敗れたが、2005年はベスト4まで進んだ。今年は2年ぶりのツアー優勝を収め、夏以降で好調となっている。
 
ヴィーナス・ウィリアムズ
Name:Venus Williams
Country:USA
Height/Weight:185/72
Ranking:9
Seed:-
今大会が初出場。日本の大会は2002年の東レPPO以来となる。今年は序盤怪我に泣かされたが、ウィンブルドンで4度目の優勝を果たした。
鈴木 貴男
Name:Takao Suzuki
Country:Japan
Height/Weight:174/72
Ranking:216
Seed:-
13年連続13回目の出場。昨年は自己最高タイの準々決勝に進み、フェデラーとフルセットの熱戦を演じた。今年は怪我から復帰し2度のチャレンジャー優勝を収めている。
 
岩渕 聡
Name:Satoshi Iwabuchi
Country:Japan
Height/Weight:174/72
Ranking:347
Seed:-
2年連続10度目の出場。シングルスでは2回戦進出が最高成績だが、2005年には鈴木貴男とダブルスで日本人ペアとしてツアー初優勝を飾っている。
添田 豪
Name:Go Soeda
Country:Japan
Height/Weight:180/74
Ranking:230
Seed:-
3年連続3度目の出場。過去2年連続で初戦敗退に終わっている。今年は全豪で四大大会本選初出場を果たし、チャレンジャー大会で初優勝を飾るなど、好調。
 
錦織 圭
Name:Kei Nishikori
Country:Japan
Height/Weight:177/70
Ranking:250
Seed:-
今大会が初出場。今年からATPツアーに参戦し、インディアナポリスでベスト8進出を果たした。またフューチャーズ、チャレンジャー大会でそれぞれ1度の準優勝がある。
杉山 愛
Name:Ai Sugiyama
Country:Japan
Height/Weight:161/56
Ranking:34
Seed:-
3年連続15度目の出場。過去4大会連続でベスト8に進出しており、1997年、1998年には連覇、1999年には準優勝を飾っている。ダブルスでも2度の優勝がある。
 
森上 亜希子
Name:Akiko Morigami
Country:Japan
Height/Weight:166/52
Ranking:49
Seed:-
11年連続11度目の出場。4度の2回戦進出が自己最高。今年はプラハでWTAツアー初優勝を収め、シンシナティで準優勝を収めるなど、好調の1年となっている。
中村 藍子
Name:Aiko Nakamura
Country:Japan
Height/Weight:163/53
Ranking:51
Seed:-
3年連続4度目の出場。昨年は決勝に進出し、初のWTAツアー決勝の舞台を経験した。今年は安定した成績で、ランキングを自己最高の47位にアップさせている。
 
森田 あゆみ
Name:Ayumi Morita
Country:Japan
Height/Weight:165/55
Ranking:154
Seed:-
2年ぶり2度目の出場。初出場の2005年は1回戦でキリレンコに敗れた。今年は全英で四大大会本選初出場を果たし、WTAツアーでもバリでベスト8進出を決めた。
ページの先頭へ

AIGオープンドロー表



ページの先頭へ

テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!