17歳 期待の逸材がツアー初勝利

ゲッティイメージズ
初戦突破を果たしたフォンセカ(画像は昨年の全米OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)は21日、シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク655位のJ・フォンセカ(ブラジル)が第7シードのA・フィス(フランス)を6-0,6-4のストレートで破ってツアー初白星をあげるとともに、初戦突破を果たした。

【動画】期待の新星フォンセカがツアー初勝利をあげた瞬間

>>西岡 良仁らミフェル・テニスOP組合せ<<

>>西岡 良仁vsズベレフ 1ポイント速報<<

フォンセカはチャレンジャーを主戦場としている17歳で、昨年は全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ジュニアを制覇。11月のNitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)ではC・アルカラス(スペイン)J・シナー(イタリア)D・メドベージェフらのヒッティングパートナーを務めるなど期待の逸材だ。

また、今年は男子プロテニス協会のATPが次世代を育成するためのプログラムである「ネクスト・ジェン・アクセラレーター・プログラム」の選手として選出されており、今シーズンはATPチャレンジャーツアーに計8度出場することができる。

そんななか、地元ブラジル期待の新星はワイルドカードで「ATP500」に本戦から出場。19歳のフィスとの初戦に臨んだ。

試合ではファーストサービスが入ったときに69パーセントの確率でポイントを獲得したフォンセカがフィスに1度もブレークチャンスを与えない完璧なプレーを披露。リターンゲームでは9度のブレークチャンスを創出し、4度のブレークに成功するなど1時間30分で完勝した。

ATP公式サイトにはフォンセカの喜びのコメントが掲載されている。

「とてもうれしい。家から10分も離れていないところで、友人や家族に見守られながら初勝利を挙げるなんて、これ以上の喜びはないよ。とても特別なことだし、2回戦も頑張りたい。すべてのボールを決めることに集中したよ。もちろん、緊張していたし、震えていたけれど、勝ちたかったから勝つことができたんだ」

「ここ数ヵ月は、自分の進歩に集中していた。僕はずいぶん大人になったし、ここが僕の居場所なんだ。このような大きなスタジアムに立ちたい」

世界ランク84位の西岡良仁はこの試合の中継を見ていたことを明かし、X(旧Twitter)でコメントを残した。

「気になって途中見てたけど、めっちゃ強かった。弱点一つも見つからんかったんやけど…17歳で完成されすぎてない?」

17歳の新星は2回戦で世界ランク88位のC・ガリン(チリ)と対戦する。ガリンは1回戦で同66位のR・カルバレス バエナ(スペイン)を逆転で下しての勝ち上がり。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>




■関連ニュース

・大坂、出産時は「人生最悪の痛み」
・処分取り消しも「19カ月は苦痛」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年2月22日11時19分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)