日比野菜緒 全仏OP初戦敗退

tennis365.net
全仏OP初戦で敗れた日比野菜緒
画像提供:tennis365.net

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は29日、女子シングルス1回戦が行われ、ラッキールーザーで本戦入りした世界ランク113位の日比野菜緒は同91位のAL・フリードサム(ドイツ)に3-6, 6-3, 4-6のフルセットで敗れ、2年ぶり3度目の初戦突破とはならなかった。

>>シフィオンテクら全仏OP組合わせ<<

>>ジョコビッチ、西岡 良仁、ダニエル 太郎ら全仏OP組み合わせ<<

日比野は今大会、予選に第11シードとして出場。1回戦で世界ランク173位のハン・ナーレ(韓国)を4-6, 6-3, 6-1の逆転で、2回戦では同186位のV・グラマティコプル(ギリシャ)を6-1, 6-1のストレートで下し予選決勝に進出。しかし、予選決勝では第21シードのY・イン アルボン(スイス)に6-1, 2-6, 4-6の逆転で敗れ自力での本戦出場を逃していた。

それでも本戦で4人の欠場者があり、ラッキールーザーとして本戦入りする選手の抽選が行われた。この結果、日比野はラッキールーザーとして本戦入りすることが決定。昨年は予選決勝で敗れ本戦出場を逃していたため今大会は2年ぶり5度目の本戦入りとなる。

この日の第1セット、第3・第5ゲームと1度ずつブレークチャンスを掴んだ日比野だが1度も活かせず。対するフリードサムは第8ゲームで得た唯一のブレークチャンスをものにし第9ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎える。日比野は3度のセットポイントを凌いだもののブレークバックできず、先行を許す。

それでも続く第2セット、日比野は14度のアンフォーストエラーを犯すなどミスが目立ったフリードサムに対し第1ゲームから3ゲーム連取に成功。第7ゲームでブレークバックを許すも直後の第8ゲームで2度目のブレークに成功し、1セットオールとする。

迎えたファイナルセット、第1ゲームから鋭いウイナーを決めた日比野がいきなりブレークに成功し3ゲームを連取。しかし、直後の第4ゲームでブレークバックを許すと第8ゲーム、8度目のブレークポイントをものにされイーブンに。その後、第10ゲームで3度目のブレークを許し、2時間30分の激闘の末に力尽きた。

勝利したフリードサムは2回戦で第23シードのE・アレクサンドロワと世界ランク72位のV・トモワ(ブルガリア)の勝者と対戦する。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
WOWOWオンデマンドでは大会第1日~第3日を無料配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・日比野ラッキールーザーで本戦へ
・日比野菜緒 かしわ国際OP優勝
・日比野菜緒V「素晴らしい日」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年5月30日5時00分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadoraポロアイコン   【4】NEWERA長袖TEE


次へ 次へ

【5】diadoraトルネオ2   【6】diadoraパワースカート


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース