ディミトロフ 5年ぶり決勝進出

ゲッティイメージズ
ディミトロフ(マドリッドOP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーヴ、レッドクレー、ATP250)は26日、シングルス準決勝が行われ、第4シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)が第2シードのT・フリッツ(アメリカ)を3-6, 7-5, 7-6 (7-2)の逆転で破り、2018年のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)以来5年ぶりの決勝進出を果たした。

>>アルカラスら全仏OP組み合わせ<<

先月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)と5月のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)で3回戦敗退となったディミトロフは今大会初の出場。

2回戦で世界ランク58位のR・カルバレス バエナ(スペイン)を6-1, 6-4、準々決勝で同85位のC・オコネル(オーストラリア)をを6-7 (5-7), 7-5, 6-4の逆転で下し4強へ駒を進めた。

この日の第1セット、1ブレークダウンとリードされたディミトロフは、47分で先行される。続く第2セット、第5ゲームでブレーク許したディミトロフだったが、第8ゲームでブレークバックに成功。その後の第11ゲームから2ゲーム連取に成功し56分で1セットオールに追いつく。

迎えたファイナルセット、両者は1度ずつブレークを奪い合うとタイブレークに突入。タイブレークでは中盤で6ポイント連取に成功したディミトロフが、2時間52分で勝利した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでディミトロフのコメントを紹介している。

「クレイジーな試合だった。自分の戦い方にとても満足しているし、今日のファンは素晴らしかったよ。決勝に進出できて最高の気分だけど、試合はまだ終わっていない」

「どんな試合も軽く見たりはしない。僕は目的を持ってここに来たから、明日はそれを果たすつもりだ」

勝利したディミトロフは決勝で世界ランク54位のN・ジャリー(チリ)と対戦する。

[PR]5/28(日)~6/11(日)全仏オープンテニス WOWOWで連日生放送!
WOWOWオンデマンドでは大会第1日~第3日を無料配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>





■関連ニュース

・ノリー 3年連続決勝進出ならず
・10年目ダニエル 太郎「僕もベテラン」
・フェデラー 指摘に応え変更

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年5月27日7時11分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)