ダニエル太郎 マイアミOP3回戦敗退

ゲッティイメージズ
16強入りとはならなかったダニエル
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は26日、シングルス3回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク97位のダニエル太郎は同54位のE・ルースブオリ(フィンランド)に3-6, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、「ATPマスターズ1000」初のベスト16進出とはならなかった。

>>ダニエル 太郎らマイアミOP男子組合せ・結果<<

>>サバレンカらマイアミOP女子組合せ・結果<<

30歳のダニエルは前週まで行われていたBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)で予選を勝ち抜き本戦入りすると、R・カルバレス バエナ(スペイン)M・ベレッティーニ(イタリア)を下し3回戦に進出。今大会はワイルドカードで本戦入りした。

1回戦で世界ランク72位のA・リンデルクネシュ(フランス)と対戦。第1セット途中でリンデルクネシュが棄権したため2回戦に進出すると、2回戦では第13シードのA・ズベレフ(ドイツ)を6-0, 6-4のストレートで撃破し「ATPマスターズ1000」で2大会連続の3回戦進出を決めた。

初の顔合わせとなったダニエルとルースブオリ。第1セット第3ゲームで先にブレークを奪ったダニエルだが、第4・第6ゲームでブレークを許し4ゲームを連取されてセットを落とす。

第2セットは互いにブレークを奪えずに推移するなか、ダニエルはファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得するなど最後までブレークを許さないプレーを見せる。リターンゲームでは計5度のブレークチャンスがありながらこれを決め切れずにタイブレークに入ると、3度のミニブレークを許し、1時間45分で力尽きた。

勝利したルースブオリは4回戦で第3シードのC・ルード(ノルウェー)か第26シードのB・ファン・デ・ザンスフルプ(オランダ)のどちらかと対戦する。

同日には第1シードのC・アルカラス(スペイン)、第6シードのA・ルブレフ、第7シードのH・ルーネ(デンマーク)らが16強へ駒を進めた。




■関連ニュース

・錦織「足首に痛み」原因も分からず
・ダニエル、ズベレフは「苦しんでいた」
・錦織「早く戻ってこれるように」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月27日6時24分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)