全国選抜 武方駿哉と里菜央が優勝

tennis365.net
武方駿哉(柳川)、里菜央(相生学院)が優勝
画像提供:tennis365.net

高校テニス日本一の座をかけた大会、大正製薬リポビタン第45回全国選抜高校テニス大会(福岡/博多、博多の森テニス競技場、砂入り人工芝)は大会最終日の26日に男女個人戦(シングルス)の決勝が行われ、男子は武方駿哉(柳川)、女子は里菜央(相生学院)が優勝を飾った。

>>全国選抜高校テニス・男子団体組合せ<<

>>全国選抜高校テニス・女子団体組合せ<<

同大会は団体戦が21日から25日、個人戦が22日から26日にかけて開催され、25日に行われた団体戦決勝では男子は相生学院(兵庫)が4大会連続7度目、女子は四日市商(三重)が2年ぶり2度目の優勝を飾った。

個人戦には団体戦出場校のナンバー1登録選手の56名と都道府県別個人戦出場者48名の男女各104名が出場。団体戦に出場しているナンバー1選手は自校の団体戦が終了後から個人戦に出場するため、25日の団体戦決勝に出場した男女各2名の選手が最終日に登場した。

26日の午前9時から一斉に男女準決勝の4試合が行われ、男子は武方と山本夏生(相生学院)、女子は里と津田梨央(名経大市邨)が決勝に進出。

武方は山本に序盤から主導権を握られ、2-6, 2-5と崖っぷちに追い込まれる。山本が勝利を掴むかと思われたが、武方が持ち前の粘りのテニスで5ゲームを連取して1セットオールとする。ファイナルセットも山本がゲームカウント4-1とリードするも、武方は再び5ゲーム連取で逆転勝ちをおさめた。

女子決勝、ここまで圧倒的な内容で勝ち上がってきた昨年のインターハイチャンピオンの津田が持ち前のハードヒットで序盤から押し込むも、里がスライスを織り交ぜた緩急をつけたラリー戦に持ち込み、津田のミスを誘う。里は第1セットを7-5で先取すると第2セットも津田の反撃を封じて栄冠を掴んだ。

個人戦の決勝、準決勝の結果は以下の通り。

【男子個人戦】
■決勝 結果
山本夏生(相生学院)vs. 武方駿哉(柳川), 6-2, 5-7, 4-6

■準決勝 結果
山本夏生(相生学院)vs. 川上慶槇(大分舞鶴), 6-2, 6-3
武方駿哉(柳川)vs. 本山知苑(四日市工), 3-6, 6-3, 6-2

【女子個人戦】
■決勝 結果
里菜央(相生学院)vs. 津田梨央(名経大市邨), 7-5, 6-4

■準決勝 結果
林妃鞠(四日市商) vs. 里菜央(相生学院), 6-4, 2-6, 3-6
津田梨央(名経大市邨)vs. 上野梨咲(山陽女学園), 6-0, 6-0


準優勝・山本夏生(相生学院)[画像:tennis365.net]


準優勝・津田梨央(名経大市邨)[画像: tennis365.net]

20日に開会式が行われて幕開けした第45回全国選抜高校テニス大会は26日に全日程を終了した。




■関連ニュース

・全国選抜男子団体、相生学院が優勝
・全国選抜女子団体、四日市商が優勝
・第45回 全国選抜高校テニスが開幕

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月26日18時43分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)