ダニエル太郎は「弱点ない」

ゲッティイメージズ
アンディ・マレー
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は18日、男子シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク113位のA・マレー(イギリス)が第21シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)を6-1,3-6,6-4,6-7 (5-7),6-4のフルセットで破り、2017年以来5年ぶり11度目の初戦突破を果たした。

>>ダニエル 太郎、マレーら全豪OP組み合わせ<<

>>ダニエル 太郎vsマレー 1ポイント速報<<

前哨戦のシドニー・テニス・クラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)でも対戦し、そのときは逆転勝ちをおさめていたマレー。

この試合ではファーストサービスが入った時に71パーセントの確率でポイントを獲得。6度のブレークを許すもリターンゲームで9度のブレークに成功し、3時間52分の熱戦を制した。

試合後には「もっと早い段階で勝てればよかったと思うし、今日はそのチャンスがあったかもしれないね。でも、勝てなかった」と語った。

「もちろん、もう少し早く試合に勝てるといいんだけどね。でも、そこでまたチームと話し合い、より早くポイントを取る方法などについて話し合う。バランスをとるのが難しい。もし今、僕が世界ランキング20位くらいの選手と戦っているとしたら、もしトップ50の選手と戦うなら、そういう試合はとても拮抗して、勝つのが難しいものになるだろうね」

勝利したマレーは2回戦で世界ランク120位のダニエル太郎と対戦する。ダニエルは1回戦で同151位のT・バリオス ベラ(チリ)をストレートで下しての勝ち上がり。

次戦のダニエル戦に向けてマレーは次のように述べた。

「ダニエル太郎? 実は対戦相手が誰なのか知らなかった。でも、デビスカップで1度対戦したことがあった。彼はいつもトップ100に入るような選手で、グランドスラムの予選でも上位に食い込んでいる。堅実な選手で、とてもよく動く。彼のゲームには大きな弱点がないね。でも、今日のパフォーマンスをどのように発揮できるか、僕にとってはいいテストになると思うよ」

同日には第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)、第5シードのA・ルブレフ(ロシア)、第11シードのJ・シナー(イタリア)、第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)らが初戦突破を決めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・マレー 死闘制し全豪初戦突破
・ダニエル太郎、次戦はマレー
・ダニエル太郎 快勝で初戦突破

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月18日20時07分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)