スイトリナ 膝の痛みで途中棄権

ゲッティイメージズ
全米オープンでのスイトリナ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの広州・オープン(中国/広州、ハード、インターナショナル)は17日にシングルス2回戦が行われ、第1シードのE・スイトリナ(ウクライナ)は右膝の痛みにより、4-6, 3-4の時点で世界ランク63位のM・ブズコバ(チェコ)との一戦を途中棄権した。

>>大坂ら東レ対戦表<<

>>大坂vsプチンセワ 1ポイント速報<<

この試合の第1セット、スイトリナは初対戦となったブズコバのサービスゲームをブレークすることができずに落とすと、第2セットでは互いにブレークを奪い合う展開に。しかし、膝の痛みにより1時間26分で棄権を申告した。

一方、思わぬ形でベスト8へ駒を進めたブズコバは、4強入りをかけて、準々決勝で世界ランク76位のA・ブリンコワ(ロシア)と対戦する。

同日には第3シードのS・ケニン(アメリカ)、第4シードのザン・シュアイ(中国)らが8強入りを決めた。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)~22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー 東京五輪に言及
・大坂らトップを支える職人技
・プリスコバ 最終戦出場権を獲得

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年9月19日18時30分)
その他のニュース