- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPトッププロの技術研究ヒューイット編
LLEYTON HEWITT

Vol.1 ヒッティング・ポイントが広く、粘り強さはナンバー1

股関節の柔らかさと強さが武器

レイトン・ヒューイットは、攻撃よりも守備に秀でた選手だ。最大の武器は、リターンと機敏なフットワーク、そしてメンタルの強さ(ファイトする姿勢)にある。

ヒューイットはボールに対する反応が良く、股関節が柔らかくて強いので、最後の一歩が大きくとれて、しかも踏ん張りが効くので、かなり厳しいボールを打たれても、しっかりと打ち返すことができる。それをベースにしたヒッティング・エリアの前後左右への広さが、彼の最大の特徴だ。また、リターンが良く、パスやロブもうまいので、ネットプレイヤーには非常に嫌な相手と言える。

とくに、彼のまじめすぎるほどの準備(テイクバック)の早さや細かいフットワーク、そして打球時の柔らかな足の使い方などは、アマチュアにも大いに参考になるはずだ。

現在は相手に研究されて苦しい状況

ただし、今の彼は、戦い方を相手に研究されてかなり厳しい状況にある。一発でエースを取れるフォアがないので、相手が勝負を急がなくなり、確実にチャンスを作って攻めてこられるようになったため、得意のカウンター・ショットも生かせず、攻め手がなくなってきてしまったのだ。

今のところ、その状況を打ち破れる武器はないが、今後彼がどのようにして巻き返しを図ってくるのか、ある意味楽しみなところだ。
L.ヒューイットの走らされた状況からのカウンター・ショット
かなり走らされた場面だが、右足の使い方が非常にうまく、しっかり踏ん張りながらも、腰の回転をブレさせない柔らかさがある。それによる土台の安定が、彼の大きな持ち味であり、厳しい状況からのカウンターを可能にしている。
L.ヒューイットのフォアハンド・トップスピン
D〜Eの動きを見ると、かなりラケットを上にこすり上げており、肘も前ではなく上に抜けているため、(身体の使い方は悪くないが)スピンの量に対してスピードの足りないフォアハンドになりやすい。また、身体の軸が少し後傾気味な点もその傾向を強くしている。

(テニスジャーナル 2004年6月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

レイトン・ヒューイット研究編 一覧



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!