- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPトッププロの技術研究カプリアティ編
Jennifer Capriati

Vol.1 はまれば手がつけられない攻撃的ストローク

他の選手にはできないフラット系ハードヒット

ジェニファー・カプリアティは、ベテランながら攻撃力においては、今の若い選手たちに一歩も引けを取らない。彼女の特徴は、ハードヒッターでありながらグリップがそれほど厚くなく、スウィングもかなりフラットで、あまりボールに回転をかけずに打つことにある。連続写真を見ても、ワイパー動作はほとんどなく、アガシがフラットで打つときのイメージに近い。打つタイミングも早いのでボールの初速が速く、(最新型のスウィングではないが)エースを取りやすいフォアハンドと言える。ただし、男子のプロがこれをやると、スピードが出すぎてボールがコートに収まらなくなってしまう。女子のパワーで、カプリアティほどのセンスがあるからこそ可能になる技術だ。
カプリアティのフラット系のハードヒット
これは、あまり攻撃を意識したショットではないだろうが、ほぼフラットにスウィングして、後ろから前にボールをしっかりと押し出している。また、フラット打法でも、下半身は直線運動ではなく、腰を回して回転力を十分に生かしている点に注目してほしい。

調子の波が大きくなりやすい技術

また、カプリアティの場合、アガシのように多彩な球質は持っていない(ヘビースピンなどは打てない)。つまり、ショットがフラット系で少しのズレがミスにつながりやすいため、調子が悪いときはミスが止まらなくなるというリスクもある。そのかわり、調子が良いとき(フットワークが良く打点がブレないとき)は、手がつけれらないほどの強さを見せる場合もあるが、いずれにしても調子の波が大きいテニスになりやすい。
カプリアティの顔より高い打点からのハードヒット
これほど高い打点でも、ほとんどスピンをかけずに打てるのは、まさにカプリアティならではの技術だ。ここでも、軸足のひねり上げを使って身体をしっかり回していることが、力の入りにくい高さでも力強くスウィングできるパワーの源になっている。

(テニスジャーナル 2004年6月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

ジェニファー・カプリアティ研究編 一覧



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!