5年ぶり3回戦へ「本当に格別」

ゲッティイメージズ
3回戦進出を果たしたペール
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、男子シングルス2回戦が行われ、第26シードのB・ペール(フランス)G・ディミトロフ(ブルガリア)を6-4,6-4,6-7(4-7),7-6(7-2)で下し、2017年以来5年ぶり3度目の3回戦進出を果たした。

>>男子全豪OP組み合わせ<<

>>大坂 なおみvsアニシモワ 1ポイント速報<<

第1セット、第3ゲームでブレークに成功したはペールは先行する。第2セットではファーストサービスが入った時に78パーセントの確率でポイントを獲得すると2度のブレークに成功しセットカウント2-0とリードを広げる。しかし、第3セット、第10ゲームで2度のブレークチャンスを凌ぎ、タイブレークに突入するも4度のミニブレークを許しセットカウント1-2とされる。

第4セットでもお互いに1度ずつブレークしタイブレークに突入。7ポイント連取に成功したペールが3時間18分で勝利した。

勝利したペールはオンコートでインタビューに応え、女子シングルスで元世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)のコーチを務めるパトリック・ムラトグルー氏がツイッターで紹介した。

「幸せだよ。年明けからなかなかうまくいかなかったから、とてもうれしい。両親やみんなが見てくれているのは分かっていた。本当に格別だよ。去年は最悪の年だったんだ。とても複雑だった。今年はコロナ陽性から始まった。僕は7日間隔離されていた。でも、今はここにいる、頑張るよ。今日はビッグマッチで、久しぶりにベストマッチができたと思う。だから、僕にとってはすべてポジティブなことなんだ。たくさん批判された。一時は重くのしかかることもありたんだ。でも、このような試合ではフランスのファンに支えられているんだ。本当に最高だよ」

勝利したペールは3回戦で第4シードのS・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスは2回戦で世界ランク88位のS・バエス(アルゼンチン)を7-6 (7-1), 6-7 (5-7), 6-3, 6-4で破っての勝ち上がり。

同日には第5シードのA・ルブレフ(ロシア)、第9シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第20シードのT・フリッツ(アメリカ)らが3回戦に駒を進めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 全豪OP欠場が決定
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及
・錦織 大坂の会見拒否に言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月21日9時09分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)