18歳新星に「驚き」も決勝へ

ゲッティイメージズ
ラスロ・ジェレ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのフォートビレッジ・サルデーニャ・オープン(イタリア/サルデーニャ、レッドクレー、ATP250)は17日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク74位のL・ジェレ(セルビア)が2-6, 6-2, 4-1の時点で同143位のL・ムセッティ(イタリア)の途中棄権により、決勝進出を果たした。

>>錦織らヨーロピアンOP対戦表<<

>>錦織vsアンドゥハル 1ポイント速報<<

ジェレはこの日、18歳のムセッティに第1セット先取されるも第2セットでは3度のブレークに成功し追いつく。1時間39分の時点でムセッティが右ひじのけがで途中棄権し、優勝した昨年2月のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、 レッドクレー、ATP500)以来のツアー大会決勝へ駒を進めた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでジェレのコメントを掲載しており「ムセッティは多くの自信と共にここまで本当にいいプレーをした。ここ数週間で素晴らしい結果を残していることは知っていた。でも第1セットを戦ってここまでいいとは思わず驚いた」とムセッティに活躍を振り返った。

決勝では世界ランク103位のM・チェッキナート(イタリア)と対戦する。チェッキナートは準決勝で同166位のD・ペトロビッチ(セルビア)をストレートで下しての勝ち上がり。

一方敗れたムセッティは、ツアー初の決勝進出とはならなかった。

[PR]「男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」
10月12日(月)~10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・全身けいれんに敗者は怒り
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月18日14時51分)
その他のニュース