エース15本で難敵撃破「満足」

ゲッティイメージズ
BNLイタリア国際でのラオニッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのサンクトペテルブルク・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、室内ハード、ATP500)は16日、シングルス準々決勝が行われ、第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)が第4シードのK・ハチャノフ(ロシア)を6-1, 7-6 (7-1)のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>YouTube 東京国際大学テニス部に潜入! 灼熱の炎天下で選手と対決<<

この日、ラオニッチは15本のサービスエースを記録。地元出身のハチャノフに1度もブレークを許すことなく、1時間26分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトでラオニッチは「僕にとって素晴らしい試合だった。最初から、タフな試合になることはわかっていた。自分のベストなテニスをしなければならないと思っていたし、試合の最初からそうしていたんだ。それがとても役に立ったと思うし、全体的に自分のレベルに満足している」とコメントを残した。

2016年1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)以来約4年9カ月ぶりのツアー制覇を狙う29歳のラオニッチは、決勝進出をかけて、準決勝で第7シードのB・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。チョリッチは準々決勝で世界ランク36位のR・オペルカ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第2シードのD・シャポバロフ(カナダ)、第3シードのA・ルブレフ(ロシア)が4強へ駒を進めた。

[PR]「男子テニスATPツアー500 サンクトペテルブルク」
10月12日(月)~10月18日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・コロナ回復後 1勝5敗と苦戦
・ゲームペナルティ受け猛抗議
・ナダル 最終戦「分からない」

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月17日13時35分)
その他のニュース