ペール 3年9カ月ぶりツアーV

ゲッティ イメージズ
マイアミ・オープンのブノワ・ペール
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのハッサン2世グランプリ(モロッコ/マラケシュ、レッドクレー、ATP250)は14日、シングルス決勝が行われ、世界ランク69位のB・ペール(フランス)が同70位のP・アンドゥハル(スペイン)を6-2, 6-3のストレートで破り、約3年9カ月ぶりのツアー優勝を果たした。

>>錦織らモンテカルロ対戦表<<

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

決勝戦、好調のペールはファーストサービスが入った時に89パーセントの高い確率でポイントを獲得すると、昨年覇者のアンドゥハルに1度もブレークを許さなかった。さらにリターンゲームでは4度のブレークチャンスから3度のブレークに成功し、1時間5分で2015年7月のスウェーデン・オープン(スウェーデン/バスタッド、レッドクレー、ATP250)以来となる優勝を決めた。

一方、敗れたアンドゥハルは2連覇と4度目の優勝とはならなかった。今大会では1セットも落とさずに決勝へ駒を進めていた。ペールには今年3月のATPチャレンジャー決勝で勝利したが、この日はストレート負けを喫した。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 モンテカルロ」

【配信予定】
4/14(日)~4/21(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ペール「錦織に勝ってごめん」
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・フェデラー「クレー自信ない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年4月15日7時01分)
その他のニュース