大坂を称賛「全て持ってる」

ゲッティ イメージズ
(奥から)クヴィトバと大坂
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は26日、女子シングルス決勝が行われ、第8シードのP・クヴィトバ(チェコ)は第4シードの大坂なおみに6-7 (2-7), 7-5, 4-6のフルセットで敗れ、惜しくも初優勝とはならなかった。試合後の会見では「彼女(大坂)は本当にビッグ・プレーヤーで、素晴らしい選手。どんな未来がくるかは分からない。でも、彼女は全てを持っている」と称賛した。

>>ジョコvsナダル 1ポイント速報<<

2011・2014年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制し、前哨戦のシドニー国際(オーストラリア/シドニー、ハード、プレミア)でキャリア通算26勝をあげて11連勝中と好調なクヴィトバだったが、大坂との決勝はタイブレークの末に第1セットを落とす苦しい展開となる。

さらに第2セットの第9ゲームで大坂に3本のマッチポイントを握られたが、この崖っぷちを乗り越えるとセットカウント1-1に追いつく。しかし、ファイナルセットでは第3ゲームでブレークを許すと、その後も挽回できず2時間27分で力尽きた。

全豪オープン初優勝と同時に世界ランク1位の座を逃したクヴィトバは「彼女は攻撃的なプレーが好き。コートの内側に立っている時は、より攻撃的。ボールにもいい伸びがある。それを押し返すのは、とても難しい。きっと彼女はそうさせたいんだと思う。彼女はそれが得意」と振り返った。

大坂と同様に、21歳ですでに四大大会のタイトルを手にしていたクヴィトバは「若い頃に大きなことがあった。それに慣れるのにしばらく時間が必要だった。常に外部からと自分自身からのちょっとしたプレッシャーがあった」と語った。

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニスをWOWOWで放送中。
現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】
2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>


【全豪オープン公式タオル発売】


■関連ニュース

・錦織は「大きな子ども」と大坂
・大坂なおみ「もう若くない」
・大坂に脱帽「信じられない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年1月27日9時00分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)
アシックステニスシューズ
ナイキテニス