錦織は「大きな子ども」と大坂

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会10日目の5日、男女シングルス準々決勝が行われ、錦織圭大坂なおみがベスト4進出を果たし、四大大会で日本人男女史上初となる同時に4強入りの快挙となった。

>>錦織 準決勝1ポイント速報<<

>>錦織ら全米OP対戦表<<

>>大坂vsキーズ 1ポイント速報<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

この日、第21シードの錦織は第7シードのM・チリッチ(クロアチア)を4時間8分の死闘の末に振り切り、2年ぶり3度目のベスト4進出。第20シードの大坂なおみは世界ランク36位のL・ツレンコ(ウクライナ)をストレートで下し、全米オープンで日本女子史上初の4強入りを決めた。

試合後の会見で、28歳の錦織は20歳の大坂について「一緒にご飯も行ったりしました。共通の話題がゲーム。なおみちゃんは面白いです。話すとしっかりしているので、まだ若いんだなと衝撃でした」と印象を語った。

一方、大坂は「彼(錦織)は本当にいい人。これまで会った人の中でも、最高の1人。最近話をし始めた。この大会前は自分がシャイで彼と話せなかった。彼は本当に素晴らしい」と述べた。

続けて「彼は大きな子どものよう。何と言ったらよいか分からないけど、よくゲームをしている。そんなところはよく似ていると思う。全体的に、彼はとてもナイスで前向きで陽気な人」と語った。

準決勝で、錦織は第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、大坂は昨年準優勝で第14シードのM・キーズ(アメリカ)と対戦する。

「全米オープンテニス」をWOWOWにて連日独占生中継!錦織圭、大坂なおみ、悲願のグランドスラム初制覇なるか!?

【放送予定】
8月27日(月)~9月10日(月)

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・錦織 酷暑「ルールあっても無理」
・錦織 フェレールの引退惜しむ
・錦織「タフだった」死闘制す

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2018年9月6日16時57分)
その他のニュース