- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルが前人未到の7連覇を達成◇モンテカルロ・マスターズ

男子テニスツアーのマスターズ大会であるモンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、賞金総額275万ユーロ、クレー)は17日、シングルス決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が同胞で第4シードのD・フェレール(スペイン)に6-4, 7-5のストレートで勝利、大会7連覇を達成するとともに、優勝賞金43万8000ユーロを手に入れた。

世界ランク1位のナダルは、これで今大会では初出場だった2003年の3回戦以来、負けなしの37連勝を達成となった。また、これが昨年の楽天ジャパン・オープン以来となるキャリア通算44勝目となった。

「こういう形でクレーシーズンを迎えられるのは素晴らしいことですが、モンテカルトで再び優勝したことのほうが素晴らしいことです。」とナダル。「2003年の今大会で全てが始まりましたから、僕にとっては一番感情的になるマスターズ大会です。ここで予選を戦い、2試合に勝ちました。トップ100に入りたての頃です。」

「この大会には特別な感情があります。7連覇を達成できました。誰であっても、7連覇を達成するというのはほぼ不可能だと思います。今日は普段よりも疲れました。」

ナダルは今季、BNPパリバ・マスターズとソニー・エリクソン・オープンでも決勝に進出していたが、いずれも世界ランク2位のN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ、準優勝に終わっていた。また昨年のツアー最終戦決勝では、R・フェデラー(スイス)に敗れていた。

「負けるのは辛いことです。とくにマイアミの敗戦は辛かったです。だから、今日は少しディフェンシブになりました。」とナダル。「決勝で3連敗は辛いこと。だから、勝てるチャンスがあった時は、少しだけ緊張しました。」

2003年大会の3回戦でG・コリア(アルゼンチン)にストレート負けを喫していたナダルは、2004年は怪我のために今大会に出場していないものの、2005年からは無敗のまま7連覇達成となった。

「ラファはクレーコートでは信じられないよ。彼は同時に、いたるところに現れるんだ。」とフェレール。「彼はクレーコートでは歴史上で最高の選手だよ。」

昨年は1セットも落とさずにタイトルを獲得していたナダルであるが、今年は3時間近いマラソンマッチとなったA・マレー(英国)との準決勝でセットを奪われていた。また、この日の決勝も2時間17分と長丁場となっていた。

「昨日や今日のような試合は、様々なことを成長させてくれる。」と語ったナダルは、昨年のローマ・マスターズ決勝でもフェレールに勝利していた。

フェレールのサーブで迎えた第2セット第10ゲーム、フェレールのスマッシュミスを皮切りに凡ミスが重なるとナダルがサービスキープに成功、決定的なリードを奪った。

「少しだけラッキーでした。15オールでもスマッシュミスが重要なポイントでした。」とナダル。「あの後からダビッドにミスが出始めました。あれが大きな助けになりました。」

今季はすでに2大会でタイトルを獲得している世界ランク4位のフェレールであったが、試合後半でのミスを悔やんだ。

「全体的にはとても満足しています。自分の試合にも満足です。だけど、ある特定の瞬間だけについては残念でした。」と、フェレールは今大会を振り返っている。

ナダルは昨シーズン、クレーコートでは無敗という強さを見せつけ、マスターズ大会3大会と全仏オープンでタイトルを獲得していた。

今季の全豪オープンではナダルに勝利していたフェレールは「彼も機械じゃないから、負ける時もあるよ。多分、彼が怪我をしている時は、僕にもチャンスがあるでしょう。」と、その強さを称えていた。

(2011年4月18日10時53分)

その他のニュース

10月17日

綿貫 チャレンジャー8強ならず (22時32分)

スティーブンス 完敗で姿消す (21時22分)

大ヒットDVDの続編 先行販売 (20時01分)

ジョコ 獲得数でナダル越え (19時06分)

ハレプ棄権「まだ痛みある」 (16時51分)

ムグルサ 次戦は18歳前週女王 (15時56分)

マクラクラン組、接戦落とす (15時15分)

チョン 快勝で初戦突破 (14時16分)

シモン キャリア通算450勝 (12時47分)

キリオス エース25本で勝利 (11時44分)

ツォンガ、8カ月ぶりの勝利 (9時31分)

伊藤竜馬、添田豪が初戦突破 (8時27分)

ダニエル太郎が初戦敗退 (7時44分)

10月16日

大坂なおみ 21歳の誕生日 (20時18分)

地元のイメル 逆転で初戦突破 (19時46分)

ハレプ、クレムリン杯に出場 (19時25分)

綿貫 チャレンジャー初戦突破 (15時48分)

マクドナルドが初戦突破 (15時08分)

マナリノ勝利、連敗ストップ (14時48分)

錦織 最終戦ランク9位へ浮上 (10時53分)

10月15日

ハレプ 年間最終ランク1位確定 (21時48分)

錦織11位へ 日本勢世界ランク (21時11分)

内藤/ 田島組が金メダル獲得 (18時15分)

スティーブンス 最終戦確定 (16時19分)

大坂4位 15日付世界ランク (15時47分)

錦織11位へ TOP10目前 (11時37分)

ジョコ 完全復活に自身も驚き (10時57分)

18歳がツアー初V、香港OP (9時33分)

10月14日

「嬉しい」 今シーズン初V (20時27分)

ジョコ 快勝で上海4度目V (19時19分)

【1ポイント速報】ジョコvsチョリッチ (17時30分)

フェデラー「満足している」 (17時20分)

青山修子、複今季初Vならず (16時27分)

ズベレフ 準決勝敗退も「満足」 (14時19分)

フェデラー撃破「人生で最高」 (14時00分)

ジョコV王手、世界2位確定 (9時51分)

フェデラー「出だし悪かった」 (9時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!