接戦制しディミ撃破 コルダ8強

ゲッティイメージズ
ベスト8進出を果たしたコルダ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのシンチ・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は19日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク23位のS・コルダ(アメリカ)が第3シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を6-4, 3-6, 7-5のフルセットで破り、ベスト8進出を果たした。

>>ガウフらエコトランス レディースOP組合せ<<

>>アルカラスらクイーンズクラブ組合せ<<

23歳で自己最高となる世界ランク23位を記録しているコルダは今大会、1回戦で同22位のK・ハチャノフをストレートで破り初戦突破。2回戦では今季トップ10復帰を果たし、好調を維持しているディミトロフとの顔合わせとなった。

この試合の第1セット、コルダはサービスゲームでわずか4ポイントしか落とさない完璧なプレーを見せ先行する。第2セットでは調子を上げたディミトロフに対し1度ブレークを許しセットカウント1-1に追いつかれるも、ファイナルセットでは終盤のこのセット2度目のブレークに成功。1時間59分で接戦をものにした。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはコルダのコメントが掲載されている。

「大苦戦だった。2人ともサーブがよくて、チャンスを待っていたんだけどあまりチャンスがなかったね」

コルダは準々決勝で世界ランク98位のR・ヒジカタ(オーストラリア)と対戦する。ヒジカタは2回戦で同35位のM・アルナルディ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第4シードのT・フリッツ(アメリカ)や世界ランク43位のJ・トンプソン(オーストラリア)が8強へ駒を進めている。


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ発売中
■今ならソックス全員プレゼント>


■関連ニュース

・17歳の齋藤 咲良 ITF大会で優勝
・ウィンブルドン賞金 10年で2倍に
・大坂 なおみ 芝大会3週連続出場へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月20日11時58分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)