アルカラス 死闘制し全仏OP初V

ゲッティイメージズ
優勝を飾ったアルカラス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日に男子シングルス決勝が行われ、第3シードのC・アルカラス(スペイン)が第4シードのA・ズベレフ(ドイツ)を6-3, 2-6, 5-7, 6-1, 6-2の4時間19分に及ぶフルセットの死闘の末に下し、同大会初制覇を成し遂げるとともに、四大大会で3度目の優勝を飾った。

>>【動画】アルカラス 全仏OP初優勝!4時間超えの死闘、勝利の瞬間!<<

>>アルカラス、ズベレフら全仏OP組合せ<<

21歳で世界ランク3位のアルカラスは今大会、1回戦で世界ランク107位J・J・ウルフ(アメリカ)、2回戦で同176位のJ・デ ヨング(オランダ)、3回戦で第27シードのS・コルダ(アメリカ)、4回戦で第21シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、準々決勝で第9シードのS・チチパス(ギリシャ)、準決勝で第2シードのJ・シナー(イタリア)を下し、同大会で初めて決勝に駒を進めた。

世界ランク4位のズベレフと顔を合わせた決勝戦の第1セット、最初の2ゲームで両者1度ずつブレークを奪い合う立ち上がりとなる中、アルカラスは第5ゲームで再びブレークポイントを握ると力強いフォアハンドを打ち込み2度目のブレークに成功。その後、第9ゲームでもアルカラスはブレークを奪い先行する。

第2セット、アルカラスは第5ゲームでミスが重なりブレークを許すと、さらに第7ゲームでもブレークを奪われ1セットオールに追いつかれる。

第3セット、アルカラスは第6ゲームで先にブレークを果たすも、第9ゲームでブレークバックを許す。そして第11ゲームでもズベレフにブレークポイントを握られると、最後はバックハンドをネットにかけブレークを許し、セットカウント1-2と後がなくなる。

それでも第4セット、アルカラスは第2ゲームでパッシングショットを決めブレークを果たすとそのまま4ゲームを連取。第5ゲーム終了後にはメディカルタイムアウトを取り左脚の治療を受けるも、リードを守り勝負をファイナルセットに持ち込む。

迎えたファイナルセット、アルカラスは第3ゲームでブレークポイントを握ると、最後はズベレフのバックハンドがミスとなり先にブレークに成功。その後さらに第7ゲームでもブレークを果たしたアルカラスがフルセットの死闘を制し、同大会初優勝を飾った。

アルカラスはこれで2022年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)、2023年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に続く四大大会3つ目のタイトル獲得となった。

一方、敗れたズベレフは四大大会初制覇とはならなかった。

[PR]全仏オープンテニス 5/26(日)~6/9(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定!


■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】最新テニスウエア・シューズ
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・珍事 全仏OPで優勝したと勘違い
・シナー 伊男子史上初の世界1位に
・渾身のショット 恋人の頭に直撃

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月10日2時35分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラテニスシューズ

その他のニュース
もっと見る(+5件)