通算2度目 トップ10撃破の金星

ゲッティイメージズ
世界10位フリッツ下したアルナルディ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は26日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク42位のM・アルナルディ(イタリア)が第4シードのT・フリッツ(アメリカ)を6-4, 4-6, 6-3のフルセットで破る金星を挙げ、大会初白星を飾るとともに初戦突破を果たした。なお、アルナルディがトップ10の選手を下すのは通算2度目となった。

>>西岡 良仁、ズべレフらアカプルコ組合せ<<

前週のミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポ(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)では初戦敗退となっていた23歳のアルナルディ。アビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBCに出場するのは今回が初となった。

世界ランク10位のフリッツと顔を合わせたこの日、アルナルディは開始からブレークポイントを握られると第3ゲームで先にブレークを許す。それでも直後の第4ゲームでブレークバックに成功。さらに終盤となる第10ゲームで2度目のブレークを奪い第1セットを先取する。

続く第2セット、第3ゲームでブレークを許したアルナルディだが第6ゲーム、7度目のブレークチャンスをものにしブレークバックに成功する。しかし直後の第7ゲームで2度目のブレークを奪われ、1セットオールに追いつかれる。

迎えたファイナルセット、ファーストサービスが入ったときに88パーセントの高い確率でポイントを獲得したアルナルディは1度もブレークポイントを与えず。リターンゲームでは第4ゲームでブレークに成功し、2時間35分の熱戦を制した。

また、アルナルディがトップ10を破るのは今回が2度目。2023年4月のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)2回戦で当時世界ランク4位のC・ルード(ノルウェー)を6-3, 6-4のストレートで撃破して以来となる。

なお、勝利したアルナルディは2回戦では世界ランク17位のB・シェルトン(アメリカ)と対戦する。シェルトンは1回戦で同41位のD・エヴァンス(イギリス)を2-6, 7-5, 7-6 (7-5)の逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第3シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、世界ランク37位のS・オフナー(オーストリア)、同50位のJ・ドレイパー(イギリス)、同53位のM・キツマノビッチ(セルビア)、予選を勝ち上がった同69位のF・コボリ(イタリア)、ラッキールーザーで出場した同82位の西岡良仁が2回戦に駒を進めた。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。





■関連ニュース

・マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」
・2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破
・エース1本で15万円の寄付を表明

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年2月27日18時03分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)