バドサ 全豪初3回戦へ「満足」

ゲッティイメージズ
ポーラ・バドサ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は19日、女子シングルス2回戦が行われ、第8シードのP・バドサ(スペイン)が世界ランク111位のM・トレヴィサン(イタリア)を6-0, 6-3のストレートで破り、初の3回戦進出を決めた。

>>バドサら全豪OP組み合わせ<<<<

>>大坂vsブレングル 1ポイント速報<<

前週のシドニー・テニス・クラシック(オーストラリア/シドニー、ハード、WTA500)を制したバドサは、この日3度のブレークを奪って第1セットを先取。第2セットでは2度のブレークに成功し、1時間11分で試合を制した。

勝利したバドサは、3回戦で世界ランク66位のM・コスチュク(ウクライナ)と対戦する。コスチュクは2回戦で、第32シードのS・ソリベス=トルモ(スペイン)を7-6(7-5), 6-3のストレートで下しての勝ち上がり。

女子テニス協会のWTAはバドサの試合後のコメントを掲載。

「センターコートでプレーすることは、私にとって本当に特別なことだし、応援してくれるファンも素晴らしい。今日は本当に興奮した。去年は素晴らしい1年だったと思っているし、今年もいいスタートを切ることができた」

「自分の仕事ぶりには本当に満足しているし誇りに思っている。チームと一緒に素晴らしい仕事をできている。すべてがうまくいっているし毎日を楽しんでいるわ。ここではタフな試合が続くと思う。徐々に慣れてきたし、3回戦に進めたことをうれしく思う」

「もちろん、緊張はしているしプレッシャーもある。でもなるべくなら、そのプレッシャーに負けないようにしたいの。1ポイント1ポイント、自分が何をしなければならないかに集中するようにしている。それが今やっていることで、秘密はない。ただ、1日1日を過ごして、プレッシャーに対処していくだけ」

「(コンディションに関して)今のところ不満はない。それに関しては、かなり順調。 休養日もあるしね。正直に言うと、休みの日は何もしていなくて、1日10分ラケットを触っているだけなの。次の試合はかなり厄介で、タフなものになる。 もうすでに100パーセントの状態になっていると思う」

同日には第1シードのA・バーティ(オーストラリア)や第15シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、第21シードのJ・ペグラ(アメリカ)、第24シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)、第26シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)、第30シードのC・ジョルジ(イタリア)らが3回戦へ駒を進めた。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・バドサ 今季初Vで全豪へ弾み
・バドサ 初戦突破「うれしい」
・穂積/二宮組、逆転で初V

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月19日16時44分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)