カザフスタンがオランダ撃破

ゲッティイメージズ
アレクサンダー・ブブリク
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ・ファイナルズ(スペイン/マドリッド、ハード)は19日、グループEの第1戦が行われ、カザフスタンがオランダを2勝1敗で破り、勝利した。

シングルス2試合とダブルス1試合で争われ、先に2勝したチームが勝利となる同大会。

カザフスタンはこの日、世界ランク57位のA・ブブリク(カザフスタン)が激闘の末に敗れるも、同67位のM・ククシュキン(カザフスタン)がシングルスとダブルスでストレートで勝利を収めた。

ブブリクは「デビスカップはチームでの戦い。だからたくさんのファンのサポートを受けられてとても感謝している。この勝利は彼らのためのものだ」と試合後に述べた。

また、シングルスとダブルス共に勝ち星を挙げたククシュキンは「国を代表すること、またキャプテンが僕に2試合戦うように頼んできたことを光栄に思う。オランダのようなチームに勝つためには、第1試合がとても大切だった。チームでとてもうれしい勝利となった」と喜びを語った。

カザフスタンとオランダの結果は以下の通り。

シングルス1:M・ククシュキン 6-2, 6-2 B・ザンドスルプ
シングルス2:A・ブブリク 5-7, 6-3, 6-7 (5-7) R・ハーセ(オランダ)
ダブルス:M・ククシュキン/ A・ブブリク 6-4, 7-6 (7-2) R・ハーセ/ J・ロジェール

グループEの代表メンバーは以下の通り。

【イギリス】
A・マレー(イギリス)
D・エヴァンス(イギリス)
J・マレー(イギリス)
N・スクプスキ
K・エドモンド(イギリス)

【カザフスタン】
A・ブブリク
M・ククシュキン
D・ポプコ(カザフスタン)
A・ネドビエソッフ(カザフスタン)
A・ゴルベフ(カザフスタン)

【オランダ】
R・ハーセ
T・グリークスポア(オランダ)
B・ザンドスルプ(オランダ)
W・クールハフ(オランダ)
J・ロジェール(オランダ)

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)~25日(月)連日生中継
■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「賛成」デ杯改革語る
・錦織13位 18日付世界ランク
・デ杯 決勝ラウンド進出国一覧

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年11月20日13時31分)
その他のニュース