フェデラー「今シーズン満足」

ゲッティ イメージズ
ロジャー・フェデラー
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は16日、シングルス準決勝が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)は第6シードのS・チチパス(ギリシャ)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、2015年以来4年ぶり11度目の決勝進出とはならなかった。

>>ティームvsチチパス 1ポイント速報<<

>>ATP最終戦の組み合わせ表<<

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはフェデラーのコメントが掲載されており、今シーズンと2020年について語った。

「今年のレベルを維持してプレーを続けなければいけないし、チャンスを自分で作らなければならない。安定したテニスができていたと思う。体のケアも必要で、何かの兆候にも耳を傾け、チームともうまくやっていけたし、人生に起きる全てのことにいいバランスを取らなければいけない」

「今シーズンのプレーには満足しているし、来シーズンに向けてとてもワクワクしている」

今季4大会で優勝したフェデラーは、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)とウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の決勝では惜敗していた。

「試合になると、10年や15年前ほど簡単ではない。あの頃は、いいプレーをするだけだった。今日はチャンスがあった。今シーズンは他の大会でも、そんな瞬間があった。インディアンウェルズやウィンブルドンで」

「これでシーズンが終わった。できることは全てやった。ネットにもいくようにしたし、ベースラインでも戦ったし、攻撃もした。コートの中に入ってプレーするようにもしたし、攻撃的なプレーも努めた」

一方、決勝へ進出したチチパスは、第5シードのD・ティーム(オーストリア)と優勝を争う。ティームは準決勝で第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)をストレートで下しての勝ち上がり。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ・アンドレ・アガシ】
(1)R・ナダル(スペイン) 2勝1敗
(4)D・メドヴェデフ(ロシア) 0勝3敗
(6)S・チチパス 2勝1敗
(7)A・ズベレフ 2勝1敗

【グループ・ビヨン・ボルグ】
(2)N・ジョコビッチ(セルビア) 1勝2敗
(3)R・フェデラー 2勝1敗
(5)D・ティーム 2勝1敗
(8)M・ベレッティーニ(イタリア) 1勝2敗

「男子テニス国別対抗戦デビスカップ 決勝ラウンド」
母国の名誉と威信を懸けてしのぎを削る“テニスのワールドカップ”。新フォーマットで争われる世界最強国の称号を懸けた戦いを生中継でお届け!

【大会期間】
11月18日(月)~25日(月)連日生中継

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・フェデラー「敗戦は最悪」
・「こっち見ろ」とチチパスに怒り

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年11月17日16時59分)
その他のニュース