錦織らシード勢が初戦敗退

ゲッティイメージズ
(左から)チチパス、錦織、ズベレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は14日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのS・チチパス(ギリシャ)、第6シードの錦織圭ら上位シード勢が初戦で姿を消した。

>>西岡らW&Sオープン対戦表<<

>>西岡vsデ ミノー 1ポイント速報<<

上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だった錦織は世界ランク77位の西岡良仁との日本勢対決にストレートで敗れた。チチパスは同36位のJ・シュトルフ(ドイツ)とのフルセットの激闘の末に力尽きた。

第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)は同58位のM・キツマノビッチ(セルビア)に逆転で敗れ、W&Sオープン5年連続初戦敗退を喫した。

第2シードのR・ナダル(スペイン)、第4シードのD・ティーム(オーストリア)、第10シードのF・フォニーニ(イタリア)は棄権している。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ」

【大会期間】
8/11(日・祝)~8/18(日)※大会1日目無料配信 WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 最終戦ランク8位へ後退
・マレー 全米シングルス欠場
・世界1位ペアに2連敗

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年8月15日13時02分)
その他のニュース