松井俊英が現役最年長ランクイン

ゲッティイメージズ
2017年の楽天OPでの松井
画像提供:ゲッティイメージズ

7月15日付の男子テニスATP世界ランキングが発表され、松井俊英が41歳3カ月で世界ランク600位タイを記録。現役での最年長ATPランク保持者となった。

松井は前週のウィニペグ・ナショナル・バンク・チャレンジャー(カナダ/ウィニペグ 、ハード、ATPチャレンジャー)で予選を勝ち抜き本戦入り。1回戦ではA・レヴェデフ(アメリカ)を7-6 (7-4), 6-4のストレートで下して2回戦へ駒を進めていた。

松井は18日、自身のフェイスブックを更新し「現役最年長シングルス世界ランカーとなりました!」と報告した。

また、15日付のランキングで40歳以上の選手は、松井の他に世界ランク82位で40歳4カ月のI・カルロビッチ(クロアチア)のみとなっている。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織7位 15日付の日本勢ランク
・錦織7位 7/15付の世界ランク
・錦織6位浮上、15日付最終戦ランク

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月18日12時39分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)