イズナー 25本エースで初戦突破

ゲッティイメージズ
ウィンブルドンでのイズナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は17日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのJ・イズナー(アメリカ)が世界ランク102位のK・マイクシャク(ポーランド)を6-4, 6-7 (5-7), 6-3のフルセットで破り、初戦突破を果たすとともにベスト8進出を決めた。

この試合、イズナーは25本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに75パーセントの確率でポイントを獲得。タイブレークで第2セットを落としたものの、初対戦となったマイクシャクにブレークを許すことなく2時間8分で勝利した。

ホール・オブ・フェーム選手権を2011・12・17年と3度制しているイズナーは今季、左足の負傷により3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)決勝戦以降ツアーを離脱。6月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で約3カ月ぶりに復帰した。

34歳のイズナーは4強入りをかけて、準々決勝で世界ランク110位のM・エブデン(オーストラリア)と対戦する。エブデンは2回戦で同100位のD・クドラ(アメリカ)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日には第7シードのA・ブブリク(カザフスタン)らがベスト8へ駒を進めたが、第2シードのA・マナリノ(フランス)、第3シードのJ・トンプソン(オーストラリア)らが姿を消した。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・イズナー「長い間動けなかった」
・錦織7位 7/15付の世界ランク
・錦織6位浮上、15日付最終戦ランク

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月18日7時36分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)