15歳ガウフ 自己最高141位

ゲッティイメージズ
ウィンブルドンのガウフ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの7月15日付WTA世界ランキングが発表され、15歳のC・ガウフ(アメリカ)は前回の313位から172上げて141位となり、自己最高位を更新した。

先週開催されたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で史上最年少の予選通過者となったガウフは、初戦で元女王のV・ウィリアムズ(アメリカ)、2回戦では2017年の同大会で4強入りしたM・リバリコワ(スロバキア)、3回戦で世界ランク50位のP・エルコグ(スロベニア)を下しベスト16進出を果たしていた。4回戦では同大会で優勝を飾ったS・ハレプ(ルーマニア)に敗れた。

4回戦後の記者会見では「(今週は)たくさんのことを学んだ。大観衆の前でどうプレーするか学んだ。プレッシャーの中でのプレーがどんなものなのか学んだ。たくさんのことを学んだし、ここでの最高の経験に本当に感謝している」と大会を振り返った。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・15歳ガウフ 四大大会初16強
・大坂 なおみ 会見途中で退席
・ガウフ敗退も「最高の経験」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月16日20時48分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)