フェデラー惜敗「忘れない」

ゲッティ イメージズ
準優勝のロジャー・フェデラー
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は14日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に6-7 (5-7), 6-1, 6-7 (4-7), 6-4, 12-13 (3-7)のフルセットで敗れ、惜しくも2017年以来2年ぶり9度目の優勝とはならなかった。

決勝戦、フェデラーはファイナルセットの第16ゲームで2本のチャンピオンシップポイントを握った。しかし、これを逃すとタイブレークの末に4時間57分で敗れた。

オンコートインタビューでは「この結果は忘れない。本当に素晴らしい試合だった。とても長くて、内容が濃かった。最高のテニスができたと思っている」と振り返った。

2年連続5度目の優勝を果たしたジョコビッチについては「ノヴァーク(ジョコビッチ)は最高。本当におめでとう」と語った。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月15日4時31分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)