ジョコV5「誇りに思う」

ゲッティ イメージズ
5度目の優勝を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は14日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのR・フェデラー(スイス)を7-6 (7-5), 1-6, 7-6 (7-4), 4-6, 13-12 (7-3)のフルセットで破り、2年連続5度目の優勝を果たした。オンコートインタビューでは「歴史に残る選手と、こんなに素晴らしい試合ができて誇りに思う」と語った。

決勝戦、ジョコビッチはファイナルセットで先にブレークする好スタートを切ったが、フェデラーに反撃を許し、第16ゲームでは2本のチャンピオンシップポイントを握られる。しかし、このピンチをしのぐとタイブレークの末に4時間57分の死闘を制した。

「最もエキサイティングな試合と言える。少なくとも、3本に入る試合。1人が敗者になる。お互いにチャンスがあった」

一方、敗れたフェデラーは2017年以来2年ぶり9度目の優勝とはならなかった。

錦織圭 出場予定 男子テニスATPツアー500 ワシントンD.C.」

【大会期間】
7/29(月)~8/4(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月15日4時02分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)