バウティスタ=アグ「満足」

ゲッティイメージズ
準決勝で敗れたバウティスタ=アグ
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は12日、男子シングルス準決勝が行われ、第23シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に2-6, 6-4, 4-6, 2-6で敗れ、四大大会初の決勝進出とはならなかった。試合後の記者会見でバウティスタ=アグは「自分のテニスに満足している」と語った。

>>フェデラーvsジョコビッチ 1ポイント速報<<

この日、ブレークチャンスを握ることができないまま第1セットを落としたバウティスタ=アグだったが、第2セットではミスを連発するジョコビッチを攻め立て第3ゲームでこの試合初のブレークに成功。セットカウント1-1に追いつく。

第3セットでは第6ゲームでブレークを許すと、第7ゲームでは2度のブレークチャンスを決め切ることができずにセットカウント1-2と追い込まれる。続く第4セットでも2度のブレークを許し、2時間49分の熱戦の末に力尽きた。

試合後の記者会見で31歳のバウティスタ=アグは「テニス人生での経験は、僕をより良い選手にしてくれたし、次はもっと良いテニスができるようにしてくれた。全てのことがより良い選手にしてくれている。今日の試合でもたくさんの経験があった。多くの新しい状況もあったし、新しい感情もあった。自分のテニスにも満足しているし、ここウィンブルドンでの結果も満足している」と満足感を語った。

世界ランク22位のバウティスタ=アグは今大会、1回戦で世界ランク121位のP・ゴヨブジク(ドイツ)、2回戦で同221位のS・ダルシス(ベルギー)、3回戦では第10シードのK・ハチャノフ(ロシア)、4回戦で第28シードのB・ペール(フランス)を全試合ストレート勝ちをおさめ8強入り。準々決勝では第26シードのG・ペラ(アルゼンチン)を7-5, 6-4, 3-6, 6-3で破り、ベスト4へ駒を進めていた。

一方、2連覇と5度目のウィンブルドン優勝に王手をかけたジョコビッチは、決勝で第2シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。フェデラーは準決勝で第3シードのR・ナダル(スペイン)を下しての勝ち上がり。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭の試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)~14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・GS初の決勝ならず「残念」
・フェデラー「作戦貫いた」
・ジョコ「最高のテニス」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月13日15時51分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)