ジョコ、フェデラーは「速い」

ゲッティ イメージズ
決勝進出を果たしたジョコビッチ
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は12日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第23シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を6-2, 4-6, 6-4, 6-2で下して決勝進出を果たし、2連覇と5度目の優勝に王手をかけた。

>>フェデラーvsジョコビッチ 1ポイント速報<<

この日、2時間49分の熱戦を制したジョコビッチは試合後の会見で「お互い大きなチャレンジだった。違うサーフェスだけど、今年彼(バウティスタ=アグ)に2度負けている。第3セットは接戦だった。第4セットは今日1番のセットだった」と振り返った。

続けて「彼のテニスの質はとても高いし、精神的に安定している。彼は辛抱強い。とても集中している。動揺や落胆など、コートでの態度からは見られない。彼をとても尊敬している。彼は選手として、あまり評価されていないと思う。彼は準決勝にいる価値があるし、これからの活躍を祈る」とバウティスタ=アグを称賛した。

決勝では、第2シードのR・フェデラー(スイス)と優勝を争う。フェデラーは準決勝で第3シードのR・ナダル(スペイン)を下しての勝ち上がり。

ジョコビッチは「フェデラーを、どれほどいい選手か知っている。特にここでは。このサーフェスは彼(フェデラー)のテニスを引き立たせている。彼は速いテニスが大好き。対戦相手から時間を奪う。同じことはしない。全てで速い展開を強いられる」と警戒した。

「ナダルや自分のように時間を持ってプレーするような選手にとっては、常にプレッシャーに対処しなければならない。何年か続けて彼とは素晴らしい決勝をここで戦った。だから、どんな試合になるかは想像できる」

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。

【放送予定】
7月1日(月)~14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織との不平等にジョコ不満
・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月13日13時30分)
その他のニュース