ナダル落胆 フェデラーに脱帽

ゲッティ イメージズ
健闘を称え合うフェデラーとナダル
画像提供:ゲッティ イメージズ

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は12日、男子シングルス準決勝が行われ、第3シードのR・ナダル(スペイン)は第2シードのR・フェデラー(スイス)に6-7 (3-7), 6-1, 3-6, 4-6で敗れ、2011年以来8年ぶり6度目の決勝進出とはならなかった。試合後の会見では「彼(フェデラー)はいいプレーをしたから、勝者にふさわしい。祝福するよ」と語った。

>>フェデラーvsジョコビッチ 1ポイント速報<<

この日ナダルは、フェデラーのサービング・フォー・ザ・マッチである第4セットの第10ゲームでフォアハンドのウィナーを決めてマッチポイントをしのぐ粘りを見せた。しかし、フェデラーの勢いを止めることができず3時間2分で力尽きた。

フェデラーとの通算40度目の対決に敗れたナダルは「今日はタフだった。僕にもチャンスがあった。彼はいつも最も難しいことを簡単に達成する。誰よりも速くコートの内側でプレーができる。誰よりも速くボールをとらえられるから、常に相手へプレッシャーをかけられる。最も難しいことだけど、彼はそれがとてもうまい」と脱帽した。

「スコアを考えず、試合をコントロールできなければ、誰が相手でも大変だ。特にこのサーフェスではブレークするのが難しい。僕にも第1セットのタイブレークでチャンスがあった。でも彼はすさまじいプレーをしていた」

「彼は第2セットで悪いプレーをした。何度か連続でミスをしていたと思う。僕の戦術はバックハンドを攻撃するものではなかった。何年も前はそうしていたけれど、もうやらない。感覚的には今大会でのプレーを続ければ十分という感じだった」

昨年のウィンブルドン準決勝でもN・ジョコビッチ(セルビア)に惜敗して決勝進出を逃していたナダルは「もう1度グランドスラムの決勝へいけるチャンスがあっただけに、それを受け入れなければならない。僕の日ではなかった。ポジティブにとらえるよ。チャンスは再びめぐってくるわけではないから、今日は悲しくもある。去年もチャンスがあった。僕は、ここでチャンスをものにすることができなかった」と落胆した。

またナダルは、ジョコビッチ、フェデラーのBIG3について「ライバル関係の1人なのは素晴らしい。僕らはまだ終わっていないし、この関係は続くよ」と述べた。

一方、勝利したフェデラーは決勝で第1シードのジョコビッチと対戦する。ジョコビッチは準決勝で第23シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)を下しての勝ち上がり。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。

【放送予定】
7月1日(月)~14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・ナダル「錦織は疲れていた」
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年7月13日9時06分)
その他のニュース