フェデラー 全仏Vは「疑問」

tennis365.net
第3シードのロジャー・フェデラー
画像提供:tennis365.net

26日に開幕するテニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)に、R・フェデラー(スイス)が第3シードで2015年以来4年ぶりの出場を果たす。

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

>>錦織vsアリス 1ポイント速報<<

24日の会見でフェデラーは、2009年以来10年ぶり2度目の全仏オープン制覇を問われると「それは分からない。ちょっと疑問に思う」と口にした。それは、膝のけがから復帰した2017年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)の時と似ていると述べた。

「いいテニスができていると感じてはいるけど、トップ選手に対していざという時に十分なのか。それが自分のラケットでできるのかは分からない。それが挑戦なのは分かっている。精神的にワクワクする大会になるはず」

続けて「多くのことが変わっていた。センターコートも違う感じ。たくさん改修されているし、多くのことが新たに作られた。どんどん改善されて成長しているし、それを見るのはいいこと。ローランギャロスの古さも、まだ感じている。こうして戻って来たことに、とても喜びを感じている。人生で何かを見過ごしてしまうと、また戻って来るのはうれしいこと。今年はそんな感じ」と印象を語った。

今シーズンは3月のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)で男子史上2人目となるツアー通算100勝目の快挙を達成。さらにマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)でも頂点に立った。

「自分が感じている最も大きなものは、けがからの回復か、ある部分に感じる痛みなどが長くかかってしまうこと。10代の頃に腰を痛めても、その日のうちに消えていたり、翌日まで痛くても消えていた。今の年齢だと、もっと長く痛みが続いてしまったり、1週間とか1カ月とか続いてしまう。どんなサーフェスにせよ、自分には芝でもクレーでもハードでもありがたいことに特に問題はない」

「マドリッド以降、クレーでは全く問題なく進んでいる。芝やハードでは感じないかもしれない部分に筋肉痛があった。それは普通のことだし、芝へいったときも感じる。全体的には、どのようにトレーニングするかによる」

「問題は些細なけがをしたり、やりたい練習をすることができなかったりすると、コンディションが狂い始めてパワーを失い、それが他のことへ連鎖してしまう。だから、ここまで今のように健康でいれることにうれしく思っている。トップレベルでプレーできているという結果が物語っていると思う」

フェデラーは初戦で世界ランク73位のL・ソネゴ(イタリア)と対戦する。この試合は初日のセンターコート フィリップ・シャトリエの第3試合に組まれており、同コートの第1試合は日本時間26日の18時(現地26日の11時)に開始予定。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)~6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・フェデラー「クレー自信ない」
・フェデラー「敗戦は最悪」
・フェデラーのクレー出場理由

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年5月25日17時04分)
その他のニュース
アシックステニスシューズ
ナイキテニス