錦織 全仏初戦は世界153位

tennis365.net
第7シードの錦織圭
画像提供:tennis365.net

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は23日に男子シングルスの組み合わせを発表し、第7シードの錦織圭は初戦で世界ランク153位のQ・アリス(フランス)と対戦することが決まった。

>>錦織ら全仏OP対戦表<<

>>錦織vsアリス 1ポイント速報<<

ワイルドカード(主催者推薦)で出場のアリスとは初の顔合わせ。

アリスは、これまでの全仏オープンで2016年の2回戦進出が自己最高の成績で、昨年は予選1回戦で敗退している。

2015・2017年の全仏オープンでベスト8へ進出している錦織は初戦を突破すると、2回戦で元世界ランク5位のJW・ツォンガ(フランス)と世界ランク96位のP・ゴヨブジク(ドイツ)の勝者。

上位シード勢が勝ち進むと、3回戦で今年2月のリオ・オープン(ブラジル/リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)でツアー初優勝を飾った第31シードのL・ディエレ(セルビア)、4回戦では今年4月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)で苦杯を喫した第12シードのD・メドヴェデフ(ロシア)

さらに準々決勝では、前哨戦のBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)で復活の優勝を飾った第2シードのR・ナダル(スペイン)と対戦するタフな組み合わせとなった。

第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は世界ランク43位のH・ホルカシュ(ポーランド)、2015年以来4年ぶりの出場となる第3シードのR・フェデラー(スイス)は同73位のL・ソネゴ(イタリア)、昨年準優勝で第4シードのD・ティーム(オーストリア)は同136位のT・ポール(アメリカ)と初戦で顔を合わせる。

日本勢では、世界ランク71位の西岡良仁が同65位のM・マクドナルド(アメリカ)、同107位のダニエル太郎は第14シードのG・モンフィス(フランス)と初戦で激突する。

26日に開幕する全仏オープンのシングルスで優勝すると、230万ユーロ(約2億8,200万円)を手にする。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)~6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織、珍事で主審に抗議
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・錦織に「負けたと思った」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年5月24日16時45分)
その他のニュース
アシックステニスシューズ
ナイキテニス