全仏予選 日比野と奈良が王手

tennis365.net
予選決勝進出を果たした日比野菜緒
画像提供:tennis365.net

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は23日、女子シングルス予選2回戦が行われ、予選第12シードの日比野菜緒が世界ランク178位のR・ホーヘンカンプ(オランダ)を6-1, 6-2のストレートで破り、予選決勝進出を果たした。

この試合、6本のサービスエースを記録した日比野は、ファーストサービスが入った時に69パーセントの確率でポイントを獲得。ブレークを許すことなくわずか58分で、2017年以来2年ぶり3度目の本戦入りへ王手をかけた。

同日行われた予選2回戦では、6年連続7度目の本戦入りを狙う世界ランク236位の奈良くるみが予選第3シードのT・バシンスキー(スイス)を6-2, 4-6, 6-4のフルセットで下し、予選決勝進出を果たした。一方、同226位の清水綾乃は予選第10シードのM・ブズコバ(チェコ)に2-6, 3-6のストレートで敗れた。

奈良くるみ

清水綾乃

今大会は予選3試合に勝利すると、26日からの本戦へ駒を進める。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)~6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織「危ない相手だった」
・錦織、珍事で主審に抗議
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年5月24日0時30分)
その他のニュース
アシックステニスシューズ
ナイキテニス