錦織撃破16強「最高の勝利」

ゲッティ イメージズ
錦織を破ったエルベール
画像提供:ゲッティ イメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は17日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク49位のPH・エルベール(フランス)が第5シードの錦織圭を7-5, 6-4のストレートで破り、ベスト16進出を果たした。

>>ナダルらモンテカルロ対戦表<<

エルベールは錦織に10本のブレークポイントを握られるピンチを迎えたが、ミスを誘い出してブレークを許さず、1時間42分で勝利。3度目の対戦で、錦織から初勝利をあげた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはエルベールのコメントが掲載されており「とてもいい勝利だった。だぶんクレーコートで最高の勝利の1つで、テニス人生でも最高のものの1つ。だから、本当に興奮している」と語った。

「この勝利にとても喜んでいるけど、大げさになるべきではない。10本もブレークポイントを握られて、しのがなければいけなかった。そんな難しい状況でも、いいテニスが何とかできたことに満足している。とても難しかった」

3回戦では、第9シードのB・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。チョリッチは1・2回戦ともにフルセットの末に勝利して16強へ駒を進めている。

エルベールは「(チョリッチは)多くの時間を費やしているから、明日は自分にとって大きな挑戦になるはず。もちろん、明日もまた勝つだろうとは思われないだろうけど、ここまで難しい2試合に勝ってきたから、また勝ててももおかしくはないのでは?」と意気込みを見せた。

同日の2回戦では第2シードのR・ナダル(スペイン)、第3シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第4シードのD・ティーム(オーストリア)、第6シードのS・チチパス(ギリシャ)らが3回戦へ駒を進めた。

第16シードのD・ゴファン(ベルギー)は世界ランク48位のD・ラヨビッチ(セルビア)にストレートで敗れた。

「男子テニスATPツアー マスターズ1000 モンテカルロ」

【配信予定】
4/14(日)~4/21(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定ライブ配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織 エルベールを絶賛
・錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪
・フェデラー「クレー自信ない」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年4月18日10時11分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)