2度のMP凌ぎ西岡との決勝戦へ

ゲッティイメージズ
ウィンブルドンのエルベール
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスの深セン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)は29日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク67位のPH・エルベール(フランス)が第7シードのA・デ ミナー(オーストラリア)を7-5, 2-6, 7-6 (10-8)のフルセットで破り、決勝進出を果たした。優勝をかけて、決勝で西岡良仁と対戦する。

>>西岡vsエルベール 1ポイント速報<<

>>錦織ら楽天OP対戦表<<

この試合、デ ミナーにブレークチャンスを与えることなく第1セットを先取したエルベールだったが、第2セットを落としファイナルセットへ突入。

ファイナルセットでは互いにブレークを奪い合いタイブレークに入ると、2度のマッチポイントを凌いだエルベールが2時間34分の死闘の末に、決勝進出を決めた。

ツアー初優勝を目指す27歳のエルベールは今シーズン初の決勝進出。最後にツアーの決勝に進出したのは2015年のウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)で、そのときはK・アンダーソン(南アフリカ)にストレートで敗れている。

男子テニスATPの公式サイトには「本当に幸せで、決勝まで来た自身を誇りに思う。今日のアレックスとの試合はとてもタフなものだった。ゆっくり休んで睡眠を取り、明日の試合に備える。トロフィーを掲げることが僕の夢だ」というエルベールのコメントが掲載された。

決勝で対戦する西岡とは初の顔合わせ。世界ランク171位の西岡は準決勝で第5シードのF・ベルダスコ(スペイン)を1-6, 6-3, 7-6 (7-5)で破り、自身初のツアー決勝進出を決めた。

「楽天ジャパンオープンテニス」をWOWOWにて連日生中継!
国内で行われる唯一の男子テニスATPツアー。“日本のエース”錦織圭をはじめ、杉田祐一ダニエル太郎ら日本人選手の活躍に注目!

【放送予定】
10/1(月)~10/7(日)[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・波乱続く シード勢敗退が相次ぐ
・錦織、楽天OP初戦は杉田と
・肘の負傷で2015年覇者欠場

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2018年9月30日10時54分)
ピックアップ [PR]
その他のニュース
もっと見る(+5件)
ナイキテニスウエア
アディダステニスウエア