綿貫陽介ら出場 全豪WC予選

tennis365.net
全豪オープン
画像提供:tennis365.net

2018年1月15日に開幕するテニスの全豪オープン2018(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)の本戦出場をかけたアジア・パシフィック地域のワイルドカード プレーオフの男女シングルス予選が11月28日に行われる。

シングルス予選には、日本勢男子から松井俊英、女子は瀬間詠里花大前綾希子井上雅小堀桃子が挑む。

綿貫陽介は予選第1シードで出場予定だったが、1回戦免除のためプレーオフ本戦ストレートインとなった。

プレーオフ本戦には、日本勢男子から高橋悠介守屋宏紀の2選手、女子は土居美咲今西美晴波形純理清水綾乃澤柳璃子の5選手が登場する。

昨年のアジア・パシフィック地域のワイルドカード予選を制したD・イストミン(ウズベキスタン)は、今年の全豪オープン2回戦でN・ジョコビッチ(セルビア)を破る大金星をあげ、ベスト16へ進出する快進撃を見せた。

アジア・パシフィック地域ワイルドカード プレーオフは、男女それぞれジュニア選手を含む16選手が出場し、11月28日から12月3日まで行われる。






■関連ニュース■

・27日付 日本勢世界ランキング
・錦織 シドニー出場「楽しみ」
・添田 今季終了「悔しさは来年に」

(2017年11月28日9時21分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)
アシックステニスシューズ
ナイキテニス