- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOME → デビスカップ特集
デビスカップ 日本対インド展望
日本男子テニスの悲願とも言うべきワールドグループ復帰に向けて、またとないチャンスが巡ってきた。昨年はアジア/オセアニア・ゾーンのグループ1でオーストラリアの前に敗退した日本は今年、見事な戦いぶりで勝ち進み、4年ぶりとなるワールドグループとのプレーオフ(入替え戦)進出した。

奇しくもアジア勢同士の対戦となったこのプレーオフ、日本はホームでインドを迎え撃つ。日本とインドは1921年の初対戦からこれまでに21度の対戦があり、日本は3勝18敗と大きく負け越している。しかし、過去の戦績はあてにならないのが今大会の特徴でもあり、直近の対戦である2008年(2勝3敗で敗退)から見てみても、お互いの戦力は大きく様変わりしている。

26年ぶりとなるワールドグループ復帰に王手をかけた日本は、エースとして大きく成長した錦織圭を中心に、今年のUSオープでグランドスラムデビューを飾った伊藤竜馬、添田豪、そして杉田祐一というメンバーを揃えた。錦織はもちろんのこと、個々の能力はすでに世界レベルに達しており、ここ数年で最強のチームであることは間違いない。

対するインドは、男子ツアーでも成長株であるソンデブ・デウバーマンを筆頭に、ローハン・ボパンナ、マエシュ・ブパティ、そしてヴィシュヌ・バーダンという布陣で日本に乗り込んできた。若手とベテランを組み合わせた陣容であるが、日本としてはダブルススペシャリストであるリーンダー・パエスが怪我のために戦線を離脱したことは大きい。

USオープンと同じデコターフに生まれ変わった有明コロシアムで、サムライ・ジャパンが悲願達成となるか?
デビスカップ 日本代表チーム紹介
画像提供: Getty 世界ランキングは2011年9月12日現在
デビスカップ 日本 VS インド
試合
日本チーム インドチーム
初日 9月16日(金)
13:00〜
Rubber1 シングルス1 杉田 祐一
○-×
6-3 6-4 7-5
ソンデブ・デウバーマン
Rubber2 シングルス2 錦織 圭
○-×
6-3 6-2 6-2
ローハン・ボパンナ
 
2日目 9月17日(土)
14:00〜
Rubber3ダブルス 伊藤 竜馬
×-○
5-7 6-3 3-6 6-7(4)
マヘシ・ブパティ
杉田 祐一 ローハン・ボパンナ
3日目 9月17日(日)
13:00〜
Rubber4 シングルス3 錦織 圭
○-×
7-5 6-3 6-3
ヴィシュヌ・バーデン
Rubber5 シングルス4 添田 豪
○-×
4-5 ret
ローハン・ボパンナ
デビスカップとは?

デビスカップ(画像:Getty)
デビスカップは、ITF(国際テニス連盟)が主催する男子の国別対抗戦で、いわばテニスのワールドカップという位置づけである。ハーバード大学テニスチームの考案で1900年に第1回大会が行われ、当初はインターナショナル・ローンテニス・チャレンジという名称だった。

第1回大会ではボストンのロングウッド・クリケット・クラブにおいてアメリカとイギリスが戦い、アメリカが初代チャンピオンに輝いた。1904年以降は、前年優勝国が予選大会の優勝国と対戦する形式となり、1946に現在のデビスカップという名称になった。この大会名は、優勝杯を寄贈したドワイト・デビスの名にちなんでいる。

現在のデビスカップは、16カ国によるワールドグループと、その下に地域ごとに組織されているヨーロッパ/アフリカ・ゾーン、アジア/オセアニア・ゾーン、アメリカ大陸・ゾーンの3つのゾーンによって構成されている。ワールドグループはトーナメント形式で優勝を決める。各ゾーンはグループ1からグループ4の4つに分かれており、グループ1の予選を勝ち抜いた国が、ワールドグループの1回戦で敗退した国とプレーオフ(入替え戦)で対戦。プレーオフに勝利した国が、来シーズンのワールドクループに参加することになる。デビスカップの試合方式は、初日にシングルス2試合、2日目にダブルス1試合、3日目にシングルス2試合を行う計5試合の団体戦で行われ、先に3勝したチームが勝利となる。また試合は全て5セットマッチで行われる。

日本は初出場の1921年に決勝に進出したことがある。過去の優勝国は14カ国で、最多優勝はアメリカの32回、次はオーストラリアの28回となっている。
デビスカップ 歴代優勝国
優勝国 準優勝国 優勝国 準優勝国
1900年 アメリカ 3勝2敗 英国 1961年 オーストラリア 5勝0敗 イタリア
1901年 (開催なし) 1962年 オーストラリア 5勝0敗 メキシコ
1902年 アメリカ 3勝2敗 英国 1963年 アメリカ 3勝2敗 オーストラリア
1903年 英国 4勝1敗 アメリカ 1964年 オーストラリア 3勝2敗 アメリカ
1904年 英国 5勝0敗 ベルギー 1965年 オーストラリア 4勝1敗 スペイン
1905年 英国 5勝0敗 アメリカ 1966年 オーストラリア 4勝1敗 インド
1906年 英国 5勝0敗 アメリカ 1967年 オーストラリア 4勝1敗 スペイン
1907年 オーストラリア 3勝2敗 英国 1968年 アメリカ 4勝1敗 オーストラリア
1908年 オーストラリア 3勝2敗 アメリカ 1969年 アメリカ 5勝0敗 ルーマニア
1909年 オーストラリア 5勝0敗 アメリカ 1970年 アメリカ 5勝0敗 西ドイツ
1910年 (開催なし) 1971年 アメリカ 3勝2敗 ルーマニア
1911年 オーストラリア 4勝0敗 アメリカ 1972年 アメリカ 3勝2敗 ルーマニア
1912年 英国 3勝2敗 オーストラリア 1973年 オーストラリア 5勝0敗 アメリカ
1913年 アメリカ 3勝2敗 英国 1974年 南アフリカ 不戦勝 インド
1914年 オーストラリア 3勝2敗 アメリカ 1975年 スウェーデン 3勝2敗 チェコスロバキア
(1915年-1918年:第1次世界大戦のため開催中止) 1976年 イタリア 4勝1敗 チリ
1919年 オーストラリア 4勝1敗 英国 1977年 オーストラリア 3勝1敗 イタリア
1920年 アメリカ 5勝0敗 オーストラリア 1978年 アメリカ 4勝1敗 英国
1921年 アメリカ 5勝0敗 日本 1979年 アメリカ 5勝0敗 イタリア
1922年 アメリカ 4勝1敗 オーストラリア 1980年 チェコスロバキア 4勝1敗 イタリア
1923年 アメリカ 4勝1敗 オーストラリア 1981年 アメリカ 3勝1敗 アルゼンチン
1924年 アメリカ 5勝0敗 オーストラリア 1982年 アメリカ 4勝1敗 フランス
1925年 アメリカ 5勝0敗 フランス 1983年 オーストラリア 3勝2敗 スウェーデン
1926年 アメリカ 4勝1敗 フランス 1984年 スウェーデン 4勝1敗 アメリカ
1927年 フランス 3勝2敗 アメリカ 1985年 スウェーデン 3勝2敗 西ドイツ
1928年 フランス 4勝1敗 アメリカ 1986年 オーストラリア 3勝2敗 スウェーデン
1929年 フランス 3勝2敗 アメリカ 1987年 スウェーデン 5勝0敗 インド
1930年 フランス 4勝1敗 アメリカ 1988年 西ドイツ 4勝1敗 スウェーデン
1931年 フランス 3勝2敗 英国 1989年 西ドイツ 3勝2敗 スウェーデン
1932年 フランス 3勝2敗 アメリカ 1990年 アメリカ 3勝2敗 オーストラリア
1933年 英国 3勝2敗 フランス 1991年 フランス 3勝1敗 アメリカ
1934年 英国 4勝1敗 アメリカ 1992年 アメリカ 3勝1敗 スイス
1935年 英国 5勝0敗 アメリカ 1993年 ドイツ 4勝1敗 オーストラリア
1936年 英国 3勝2敗 オーストラリア 1994年 スウェーデン 4勝1敗 ロシア
1937年 アメリカ 4勝1敗 英国 1995年 アメリカ 3勝2敗 ロシア
1938年 アメリカ 3勝2敗 オーストラリア 1996年 フランス 3勝2敗 スウェーデン
1939年 オーストラリア 3勝2敗 アメリカ 1997年 スウェーデン 5勝0敗 アメリカ
(1940年-1945年:第2次世界大戦のため開催中止) 1998年 スウェーデン 4勝1敗 イタリア
1946年 アメリカ 5勝0敗 オーストラリア 1999年 オーストラリア 3勝2敗 フランス
1947年 アメリカ 4勝1敗 オーストラリア 2000年 スペイン 3勝1敗 オーストラリア
1948年 アメリカ 5勝0敗 オーストラリア 2001年 フランス 3勝2敗 オーストラリア
1949年 アメリカ 4勝1敗 オーストラリア 2002年 ロシア 3勝2敗 フランス
1950年 オーストラリア 4勝1敗 アメリカ 2003年 オーストラリア 3勝1敗 スペイン
1951年 オーストラリア 3勝2敗 アメリカ 2004年 スペイン 3勝2敗 アメリカ
1952年 オーストラリア 4勝1敗 アメリカ 2005年 クロアチア 3勝2敗 スロバキア
1953年 オーストラリア 3勝2敗 アメリカ 2006年 ロシア 3勝2敗 アルゼンチン
1954年 アメリカ 3勝2敗 オーストラリア 2007年 アメリカ 4勝1敗 ロシア
1955年 オーストラリア 5勝0敗 アメリカ 2008年 スペイン 3勝1敗 アルゼンチン
1956年 オーストラリア 5勝0敗 アメリカ 2009年 スペイン 5勝0敗 チェコ共和国
1957年 オーストラリア 3勝2敗 アメリカ 2010年 セルビア 3勝2敗 フランス
1958年 アメリカ 3勝2敗 オーストラリア        
1959年 オーストラリア 3勝2敗 アメリカ        
1960年 オーストラリア 4勝1敗 イタリア        
デビスカップ関連ニュース

...て受け入れてくれました。その間に英国テニス協会であるLTAが示してくれたサポート、同時に英国人としてデビスカップに出場できるように戦ってくれたことには特に感謝しています。多くのことを与えてくれた国を代...

男子テニスの国別対抗戦デビスカップは14日に公式ツイッターで、シングルス元世界ランク1位のL・ヒューイットが世界ランク248位のS・グロスとペアを組んで全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード...

...8年の北京オリンピック(中国/北京、 ハード)に単複両部門でオリンピックに初出場し、同年の国別対抗戦デビスカップではスペイン代表として優勝に貢献。四大大会は全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、...

...ゼンチン)とW・オシグエ(アメリカ)が選ばれた。 この賞はシーズンを通しての成績とITFが統括するデビスカップとフェドカップの成績から選出されており、受賞者は全仏オープンの期間中に表彰される。 ...

...今思うと今シーズンはシングルスで頑張ろうと思った瞬間だった気がします」 25歳の内山は、国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対フランス(日本/東京、ハード)の代表メンバーに選出され、...

...3人目のツアー優勝、世界ランキングで松岡修造を抜いて錦織圭に次ぐ日本男子史上2人目の30位台を記録、デビスカップ・プレーオフでシングルス2勝をあげてエースとしての大役を果たすなど、大活躍だった。 ...

...当に嬉しく思います」と笑顔で答えた。 期待を受ける反面、プレッシャーを感じていた杉田だったが、デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本vsブラジル(日本/大阪、靱テニスセンター...

...ラム)を含む18度の優勝を飾っている。 また、2012・2013年には母国チェコ共和国の代表としてデビスカップの優勝に貢献した。昨年行われたリオ・オリンピックではミックスダブルスで銅メダルを獲得。シ...

...ブルスとミックスダブルスで主審を務めるなどで、会場を沸かせた。 また、前週末に開催された国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ決勝フランス対ベルギー(フランス/リール、室内ハード)では、フランスが...

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ決勝フランス対ベルギー(フランス/リール、室内ハード)は大会最終日の26日にシングルス2試合が行われ、フランスが3勝2敗で2001年以来16年ぶり1...

ショップ1

ショップ2
ページの先頭へ
→会社情報 →採用情報 →利用規約 →サイトマップ →個人情報保護に関して →アフィリエイトについて →訂正とお詫び →選手写真について →当サイトへのリンク
(c) 2004 - 2009 Fubic Corporation All rights reserved