"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP連続写真でトレーニングTOPフィリプーシス編
連続写真deトレーニング!
マーク・フィリプーシス 〜 バック・スライス・リターン
もう一度みる
フィリプーシスのバック・スライス・リターン(倍速デジタル撮影)
バックのスライスは前に出やすい打ち方だが、やはり身体の開きを抑えることがもっとも重要なポイントになる。そのため、ここでの6〜8で見られるような、左足を右足の後方(かかと側)に送るといったフットワークの工夫が必要になる。そうした「横走りのイメージ」というのは、フォアのスライスの場合と同じだ。またテイクバックでも、あまり面が開かない(上を向かない)ように注意し、スウィングは「インパクトで終わり」という感覚で打ったほうが、切れの良いスライスを打つことができ、ネットダッシュもしやすくなる。
© SKI Journal Publisher Inc.
前のページに戻る
オススメ記事



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!