"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP連続写真でトレーニングTOPエナン編
連続写真deトレーニング!
ジュスティーヌ・エナン=アルデンヌ〜深さのあるロブ
もう一度みる
エナン=アルデンヌの守備的なロブ
プロの場合、相手にスマッシュ力があるので、このような守備的なロブではなかなかしのぎきれないが、アマチュアならば、深く高く打てれば守りきれることが多い。この例では、薄いグリップでフラット気味に打っているが、中途半端なトップスピン・ロブよりも、フラットで深く打つほうが有効なことが多い。また、相手がスマッシュが非常にうまい場合を除けば、深さのあるロブであれば一発で決められることは少ない。
© SKI Journal Publisher Inc.
前のページに戻る
オススメ記事



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!